遠足のお弁当☆保育園の子どもに作る場合にはどんなところに注意?

春と言えば行楽の季節。保育園や小学校でも、子供たちで歩いて遠足に行く、というところが多いですよね。

そんな春の遠足の際に必要なものといえば、お弁当です。ですが、普段お弁当を作らない方の場合、保育園の子どもに持たせるお弁当って、どんな感じにすれば良いのか分かりにくいですよね。そこで、そんな保育園の子供向に作るお弁当の注意点やコツを紹介します。

遠足のお弁当☆保育園児の食器

遠足のお弁当を保育園児に持たせる際、まず気になるのがお弁当箱ですね。大きさとしては、園児向けに販売されている、キャラクターなどが描かれたお弁当箱、1段のタイプでちょうど良いでしょう。大人のサイズの2/3程度の大きさですね。あまりに大きいお弁当箱を使うと、中身がスカスカになって崩れてしまいやすくなります。

だからといって無理に詰め込むと、多すぎて食べきれなくなります。子供の食べられる量を入れてあげるということが大切です。

中にはよく食べる子もいますよね。1段の園児用お弁当箱では足りないと感じる時には、小さなタッパーに、サラダやフルーツなどを入れてボリュームアップしてあげましょう。2段にすると多くなりすぎるので、小型のタッパーを併用するだけで十分です。

それから、食べる道具は選べるように、箸とスプーン、フォークをセットにして持たせてあげると良いですね。お弁当箱を包むものは、結んで使うタイプでは園児には外すのが難しいです。ひっくり返す原因にもなりますので、巾着型などのものを利用しましょう。

遠足のお弁当☆衛生面にも配慮!

まだまだ体の抵抗力が弱い保育園児。ですから、お弁当が原因で食中毒なんかを起こしたら大変ですよね。特に春の遠足では、気温が上がって危険性も増すので、しっかり衛生面に配慮しましょう。

まず調理の際には手をよく洗ってから。入れる食材は、全て火を通します。ちくわやハムもいったん火を通したほうが安心です。キャベツやきゅうりなども、さっとゆでてから入れると良いですね。それから、汁気は傷む原因になります。煮物も、汁気をよく切って入れましょう。

保育園の子どもに持たせるお弁当というとキャラ弁が人気ですね。ですがキャラクターを作る際には、必要以上にご飯や海苔に触れてしまうことになります。海苔パンチやピンセットなどを使用して、あまりべたべたと触らないようにしましょう。完成したら十分に冷まし、抗菌シートを乗せてふたをし、保冷剤と共に袋に入れれば安心ですね。

遠足のお弁当☆保育園の子ども向けおかず

遠足に持っていくお弁当は、もちろんおかずにもこだわりたいものです。子供が食べるのですから、子供が喜ぶようなおかずを厳選したいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加