生ゴミ堆肥の作り方☆簡単かつ手ごろな価格で出来ます。お試しあれ!

毎日家庭で出る生ゴミ、どうしていますか?そのまま捨てている人・・・ぜひ、生ゴミ堆肥づくりにチャレンジしてみませんか?野菜作りはもちろん、お花の肥料になりますよ!今回は、簡単☆生ゴミ堆肥の作り方についてお話していきたいと思います。

生ごみ堆肥の作り方☆捨てるのは勿体ない!生ゴミは最高の堆肥になります

毎日出る生ゴミ・・・燃えるゴミとして捨てるとしても、かなりの量になりますよね。お庭やベランダで家庭菜園をしている人!ぜひ、生ゴミ堆肥を作ってみませんか!?美味しい野菜作りや綺麗なお花の肥料になりますよ。

生ゴミ処理機などもありますが、何せ値段が高い。自治体から補助金が出る地域もありますが、それでも高い・・・。なかなかすぐに購入は考えられないのが現実ですよね。

生ごみ堆肥の作り方☆機械よりも・・・手作りダンボールコンポストを!

①ダンボール箱(縦30×横45×高さ30センチ)のものを1つ。ダンボール箱が薄い場合は、2つ用意して二重にすると丈夫になります。それ以外には、基材が2種類。どちらも園芸店やホームセンターで購入可能です。

②土壌改良剤のピートモス(20リットル)、くんたん(15リットル)を1袋ずつ。それ以外に必要なものは、③ダンボールの底の強度をあげるための下敷き用の段ボール。

④5センチ幅のガムテープなどの芯を5つ。(木辺などでもOK)

⑤床が汚れないようにするための新聞紙、⑥かき混ぜるためのシャベル。

⑦生ゴミの温度を確認するための温度計、⑧生ゴミを入れる時に重さ確認が必要なためはかりです。

では、材料が揃ったところでダンボールコンポストの作り方です。

ダンボールの底や側面(持ち手)の部分をガムテープでしっかりとふさぎます。容器の箱が出来上がったら、下敷き用のダンボールの中に容器の箱を入れて箱を二重にします

基材のピートモス(15リットル)とくんたん(10リットル)と3対2の割合でダンボールの中に入れて、しっかりとかき混ぜます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加