忘年会のゲーム※盛り上がるのはどのようなゲームでしょうか?

年末になるとたくさんの忘年会の予定が入ってくる方も多いですよね。そんな忘年会、ただ飲んで語り明かすだけでも楽しいですが、ちょっとしたゲームなんかを行うようにすると、より楽しみが増えますよね。

でも、実際忘年会にゲームをするとなっても、「どんなゲームが盛り上がるの?」と不安になってしまいますよね。そこで、そんな悩める幹事の方のために、忘年会で盛り上がる素敵なゲームを紹介します。

忘年会で盛り上がるじゃんけんゲーム

じゃんけんゲームは、ルールが単純なうえに、何とも言えず愉快で、楽しめるゲームの1つです。じゃんけんゲームには色々なものがありますが、中でも誰もが分かるルールで楽しめるのが「あっち向いてホイ!」。これは子供の頃によくやったという方も多いのではないでしょうか?

この「あっち向いてホイ!」は、じゃんけんをして買った人が負けた人の顔面で指を上下左右のどこかに向け、その指と同じ方向を向いてしまったら負け、というものです。

「あっち向いてホイ!」を忘年会ゲームでする際には、2人ずつ対戦していきましょう。子供の頃のようにゆっくりやっていたのでは面白くないので、笑えてくるぐらいの高速であっち向いてホイ!をしてみてください。

トーナメントのように、勝ち上がった人たちで準決勝・決勝などを行うと良いですね。

それから、もう1つの盛り上がるじゃんけんゲームが、後だしじゃんけんです。こちらも2人1組で行います。どちらかが「じゃんけんホイ!」と出した手に向かって、ワンテンポ遅れて後出しし、勝ち続ける、あるいは負け続けるようにします。けっこう頭を使うじゃんけんなので、忘年会でお酒が入っているときには、なかなか面白いものです。

勝つか負けるかは、その都度、司会の方が「負けてください」「今度は勝ってください」なんて指示するのも、頭がこんがらがって面白いですね。

忘年会で楽しむ言葉のゲーム

定番の「言葉」を使ったゲームも、忘年会では万人ウケして面白いものです。

言葉のゲームで楽しむなら、古今東西・山手線ゲームなら、ルールが簡単で誰もが盛り上がりやすいですね。古今東西・山手線ゲームは、1つのテーマを決めて、そのテーマに沿ったものを1人ずつ挙げていくというものです。

「都道府県の名前」や「アメリカの州」、なんていうのがテーマとしてよく取り上げられますね。同じものを2回言ったり、答えられなかったり、間違えたりしたら失格です。忘年会にみんなで盛り上がるのにピッタリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加