引越しの際の荷造りのコツとは!?効率よく荷造りをしていこう!

引越しは本当にバタバタと忙しくなりますが、中でも荷造りが一番大変だという人もいます。家の中にある必要なものを全て新居へ持っていかなくてはならないので、ほんとうに嫌になるという話もちらほらと耳にします。もちろん荷造り以外にも様々な手続きや準備などもあるので、荷造りだけに時間をかけていくわけにはいきません!

今回は荷造りをいかに効率よくかつ正確にするかという方法をお伝えしたいと思います。ぜひ参考にしていただいて、パッと荷造りをしていきましょう!

荷造りにかかる日数はどのくらい設けるべき?

そもそも荷造りにかかる日数というのは皆はどのくらいかかっているのでしょうか?一般的には一週間前から少しずつ始めていくという人が多いです。
もちろん一週間あれば一通り荷造りをすることはできますが、中にはもう少し長く荷造りの期間を取る人もいます。

引越しの手順として、まずは引越し先や引越し業者や日程を決めていきます。それらが決まったら少しずつ荷造りを始めていくと丁度良いでしょう。

ただ段ボールに入れていけば良いと思われがちですが、予想以上に時間がかかることもあるので、引越し予定日から2週間前ぐらいには徐々に始めていくと割と余裕で荷造りをすることができます。余裕をもって荷造りをしていけば、引越しの前日はゆっくり休むこともできます。

家の広さにもよりますが、基本的には後回しにせずに他の作業をしながらも少しずつ荷造りを進めていくというやり方の方が効率良く進めることができるはずです。

意外と大事!荷造りの手順とは?

荷造りを効率良くやるためには手順というのはかなり大事です。この手順をしっかり守るだけで本当に効率よく荷造りを進めることができます!

まず荷造りは玄関から一番遠い部屋から取り組むのがベストです。そして普段使用しないような物から梱包していきましょう。その際に荷物を置く部屋を一つ用意しておき、段ボールに入れていったらその部屋へどんどん入れておき、当日はその部屋から運び出していくような形にしていきます。

また段ボールに梱包していく時の手順としては軽いものは大きい箱へ、重いものは小さい箱へ入れることを基本にしましょう。軽いものは小さいものがほとんどなので、積み重ねていくイメージを立てながら隙間を埋めていくように積んでいきます。

どうしても隙間が空いてしまう場合は新聞紙などを一緒に入れておくと安定して物を入れやすくなります。かといって詰めすぎて重くなりすぎるのもNGです!自分が持てない重さにするのはやめておきましょう。

また大きな家具や家電の荷造りの手順としては、基本的に当日引越しの業者の方が専用の資材で梱包してくれるので、基本的にはそのままにしておいて大丈夫です。ですが古くなってしまって新調するような家具はあらかじめ処分しておいた方がもっとスムーズに作業を進めていくことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加