柏餅の由来☆発祥はどこの地域でどのように始まったのでしょうか?

男の子の節句である端午の節句。そんな機会に食べられる食べ物の1つに、柏餅がありますよね。ですが、一体どうして柏餅が、端午の節句に食べられるようになったのでしょうか?

そんな気になる由来と、発祥の地域について調べてみました。由来を知って、子供達に語りながら食べると、また違った楽しみがありますね。

柏餅の由来とは?

柏餅というのは、柏の葉の上に、上新粉と片栗粉を混ぜて作られた餡入りの餅を挟んだ和菓子です。柏の葉を2つ折りにしているのが特徴的ですね。

どうして餅を柏の葉で挟むようになったのか、この由来は、「柏の葉は新芽が出ないと葉が落ちない」ということが関係しています。つまり、「親は子供が産まれるまで死なない」という意味合いで用いられたということです。さらに深く解釈すると、これは家系が途絶えないという意味を持っており、子孫繁栄にも通じています。

家系に関する想いが込められたお菓子だからこそ、代々家系を継ぐ者とされてきた「男の子」の節句に用いられるようになったのでしょう。

柏餅が食べられるようになったのは、徳川将軍の家重~家治の時代と言われています。つまり、1661年~1673年ごろではないかと言われています。柏餅を食べる風習は、もっと古くからあったものではないかというイメージもあるので、江戸時代というのは意外ですね。

柏餅の発祥の地は?

柏餅の発祥の地は、江戸であると言われています。柏餅を食べる文化は、徳川の時代に江戸で生まれ、それが参勤交代により全国に行き渡ったものだと考えられます。

端午の節句自体は、中国から伝わった風習ではありますが、柏餅を食べるという風習は中国には無く、日本独自の物であると考えられます。

そんな柏餅は、近畿圏以西では柏の木が自生していません。そのため、これらの地域では元々、端午の節句にはちまきが用いられてきました。このちまきに関しては、中国発祥の風習で、端午の節句と同時に日本に伝えられたものだと言われています。

ちなみに、ちまきを端午の節句にいただく意味は、中国の故事からきている「難を避ける」という縁起をかついだものです。現在では、それぞれに発祥の異なる柏餅とちまきが、セットで端午の節句のお祝いに用いられていますね。

また、もう1つ気になる端午の節句の菖蒲に関しても由来はあります。菖蒲は薬草として用いられており、これを菖蒲湯にして端午の節句に入ることで、無病息災を祈っていたというのが由来です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加