戌の日の安産祈願に腹帯って必要?昔と違います!腹帯の種類。

戌の日

妊娠5か月目に入った最初の戌の日に安産祈願をします。ほとんどの方が妊娠するまで戌の日のことを知りませんよね!?いつ、誰と、どこに行くのがいいのか?私の体験談を含めて今回、詳しくお話していきたいと思います。

なぜ戌の日が安産祈願?腹帯を巻くのはなぜ?

戌の日は、12日に一度あります。なぜ、戌=安産になるのか…それは、戌の出産が関係しています。

戌は一度にたくさんの子を産み、お産が軽いことから戌の出産にあやかって安産になるようにと祈願するのです。

今は、帯祝いと一緒に行うことが多いです。帯祝いとは、妊婦さんのお腹に腹帯を巻いて安産祈願をする儀式です。

帯祝いの始まりは、1800年程前。神功皇后が戦争に行った際、お腹に赤ちゃん(応神天皇)がいました。その際に、身を守るために石を帯の中に巻き付けていたのが始まりとされています。戦争に行ったにも関わらず、安産だった…ということで安産の神様とされています。

腹帯のことを岩田帯と言います。岩のような丈夫な子を産むという意味からきているようです。

今は腹帯をしない妊婦さんもとても多いです。昔の人は、絶対に巻かないと冷えて逆子になるとか、太りすぎる!という方もいますが気にする必要はありません。しかし、お腹が冷えやすくなりますし、固定することで安定しますのでしないよりはした方がいいです。

夏場の場合、無理にさらしなどを巻いてもかぶれたり、汗疹の原因になったりするので絶対!という訳ではないですよ。

犬の日の安産祈願に行くにはいつ、どこへ行ったらいいの?

今は、病院で戌の日について教えてくれるところが多いです。私が戌の日を知ったのも、産院で教えてもらったからです。

子安神社、水天宮、八幡宮、塩釜神社などの他に子安観音などのお寺でも安産祈願を受付しているところもあります。安産祈願で有名な神社やお寺へ行くのもよし、氏神様(住んでいる場所の神社)へ行くもよし。安産祈願へ行く際、腹帯を持って行き、祈願後に印を押してくれるところもあります。神社によっては、さらしを販売しているところもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加