東京都北区の桜の名所は?仕事帰りに行けるところはある?

東京都北区は東京23区の北部に位置しています。荒川を隔てた先には埼玉県川口市や戸田市があり、東側には隅田川を隔てて足立区があります。また文京区や豊島区など都心にも近い位置にあるのが特徴です。交通アクセスも良いので比較的行きやすい場所でもあります。

そんな北区ですが、そこには桜の名所と呼ばれている場所があります。今回はいくつかある桜の名所をピックアップしてご紹介していきます!都心にも近いので仕事の帰りなどにでも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

江戸時代からの歴史がある飛鳥山公園

ここ飛鳥山公園は昔から歴史のあるゆかりの地でもあります。それは江戸時代にまで遡ります。八代将軍だった徳川吉宗の享保の改革の一つとして江戸っ子たちの行楽地にしようという目的で桜を植えた地がここ飛鳥山公園です。そこから東京江戸の桜の名所の一つとされています。

現在では個々の桜は650本もあります。辺り一面に広がる桜の木は本当に圧巻されます。毎年多くの人がお花見をしていてとても賑わいを見せています。ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ここの桜の見頃は3月下旬から4月中旬までとされています。夜桜の観賞は21時まですることができます。

飛鳥山公園への交通アクセス

交通アクセスはJR王子駅から徒歩3分ほどで着きます。また他にも東京メトロ南北線王子駅から徒歩5分ほどで行くこともできます。また都電荒川線の飛鳥山下車で徒歩2分でも行くことができます。そして車でも行くことができ、30分150円で23台まで駐車することができます。

比較的駅からの距離が近いので行きやすいです!仕事の帰りなどにもちょっと立ち寄れるのではないでしょうか?

洋館の周りに咲く桜は本当に圧巻!旧古河庭園

北区にはとある洋館があります。それが旧古河庭園と呼ばれている場所です。ここに桜が咲き始めると普段見ている洋館がまた違った見え方をしてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加