松の内の喪中挨拶ってしてもいいのでしょうか?

もうすぐ今年も終わり。年末は非常に忙しく、バタバタしますよね。その中でも喪中の場合の挨拶はどうしたらいいのか、悩んだことはありませんか?どこまでがOKで、どこからがNGなのか詳しくお話したいと思います。

何故喪中という考え方があるの?悩みがちな喪中の範囲

まず喪中とは、元々神道の考え方「人の死=穢れ」という概念から来ている風習です。そのため、浄土真宗やキリスト教では喪中はないのです。

そして、よく迷ってしまうのが喪中の範囲。基本的には二等親までが喪中とされています。

一等親・・・両親・配偶者・子ども、二等親・・・兄弟姉妹・祖父母・孫です。

しかし、現代は核家族化が進んだせいか同居の祖父母が亡くなった場合は喪中ですが、別居の場合は喪中とならないなど考え方が少しずつ変わってきています。また、プライベートでは喪中とするもビジネスは新年のご挨拶で年賀状を出すなど分けて行う人もいます。

喪中の期間や避けるべきこと、するべきこと

お祝い事は避けましょう

喪中の期間ですが、1年間。49日が明けるまでは忌中と言って特にお祝い事は避けます。

喪中の間は、個人の冥福を祈り行動を慎みます。そのため、正月飾りやおせち料理などのお祝い事はしません。(おせち料理でも、えびや紅白のかまぼこ、なますなど・・・おめでたい食材を除いて食べる方もいます。)

また、年始のご挨拶、年賀状、神社や仏閣への初詣もやめましょう。前年の神棚のお札や、いただいたお守りについてです。49日(忌中)が終わっていれば、お正月の行事が落ち着いた頃に返し、新しいものをいただきましょう。もし、49日が明けていない場合は明けてからにしましょう。

お年玉を渡すのは問題ありません。無地の袋にし、お小遣いという名目で渡しましょう。また、渡すときにお祝いの言葉を述べるのは避けましょう。

※健康長寿や縁起担ぎのためなので・・・年越しそばは、食べても大丈夫ですよ!

毎年年賀状を送っている方には喪中はがきで挨拶を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加