桜の名所は淡路島にもたくさん!ぜひ立ち寄りたい桜のスポットとは?

淡路島の桜と聞くと皆はどんなイメージを持ちますか?やはり「島」と言われているくらいだから、そんなに広くないし、そこの桜はやはり近所に咲いている桜くらいしかないのでは…と思っている人が多いです。しかし!実は淡路島の桜の名所は本当に数多くあるのです。地元の人でも全てを制覇している人は少ないとも言われているのです。

今回は数多くある淡路島の桜の名所をピックアップしてご紹介していきたいと思います。今度のお花見はぜひ淡路島へ足を運んでみても良いかもしれませんね!

淡路島の桜の名所といえばまずココ!曲田山の桜

淡路島の桜といえば?と聞くとここがまず出てくるとされているのが曲田山の桜です。洲本市にあるのですが、ここは毎年多くの人で賑わっている桜の名所です。

夜になると提灯が灯り、夜桜も観賞することができます。また本数は580本ものソメイヨシノやサトザクラがあり、来る人の心を癒してくれます。

一見山と聞くと山登りしながら行かないといけないのかと思いがちですが、実はこの山はそんなに高い山でもありません。なのでいつも気軽な運動やハイキングなどをしている人が多く見受けられる場所でもあります。なので桜を愛でながら山を登る人も多いのです。

駐車場もあるのですが、そんなにたくさんの車を止めることができません。もしかしたら土日は駐車場が満車になってしまっている可能性もあるので、山の麓にある弁天神社のパーキングに止めると良いかもしれません。歩いてもそんなに距離があるわけでもないので、満車だった場合はぜひこちらを利用してみてください。

ここは桜だけではなく、大阪湾や洲本市全体を見渡すこともできるので、桜以外の楽しみも数多くあります。桜も景色も美しい曲田山にぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

お城を背景にした美しい桜を見るならココ!三熊山洲本城跡

三熊山は高熊山と乙熊山と虎熊山の総称のことを言います。この山の頂上には洲本城の天守閣が建っています。ここの桜もとても美しい桜としてとても有名な場所となっています。

この場所は先程紹介した曲田山の近くにあり、車でおよそ5分で到着します。なので曲田山に行った後にここへ立ち寄ってみても良いかもしれませんね!

また、この山の頂上には茶店もありますので、桜を眺めながらゆっくりとお茶をすることもできます。さらにちょっと景色を見てみれば、頂上から見下ろす市街地は本当に美しく見えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加