インフルエンザの症状と対処法☆重症化しないためには?

冬の寒い季節になると、毎年流行するインフルエンザ。今年は、特に例年より早く流行しています。インフルエンザに感染するとどんな症状が出るのか、また対処法はどうすればいいのか?詳しくお伝えします。

インフルエンザ?それとも風邪?症状や受診すべきタイミングは?

インフルエンザは、そもそもどのような形で感染するのでしょうか。菌は、主に飛沫感染が原因です。(感染者の咳やくしゃみなどで唾液や鼻水が飛び散る)潜伏期間は、1~3日(長くても1週間)です。

風邪症状かどうか悩んだ時は、以下の症状に当てはまる場合は、インフルエンザを疑うべきです。

  • 周囲でインフルエンザに感染している人がいる、あるいは流行している。
  • 38℃以上の高熱や悪寒、体の節々や筋肉に痛みを感じる。
  • 体のだるさや頭痛などの症状がある。

インフルエンザに感染したかどうかを調べるための検査キットがあります。鼻の粘膜を綿棒でとり、液に浸して検査します。しかし、熱が出てすぐ検査したからといって、感染の有無が判るわけではありません。また、症状が出てあまり時間が経つとインフルエンザの菌が減り始めるため、検査が陽性にならないこともあるので注意が必要です。

インフルエンザの治療薬として有名な『タミフル・リレンザ』などの抗インフル薬は発症して48時間以内に使った方が高い効果が得られます。インフルエンザが疑わしい…と思っても、検査が陰性の場合は解熱剤しか処方してもらえません。

高齢者や疾患を持っている方の場合、特例でインフルエンザ治療薬を処方してもらえることがあります。インフルエンザの場合、使用を避けるべき薬がたくさんあるため手持ちの解熱剤であっても一度確認する必要があります。一番いい受診のタイミングは、発熱して24時間以上経過した2日目と覚えていてください。

高い感染力…合併症を起こし、重症化しやすい人とは?

インフルエンザは高い感染力を持っています。主に流行するのは、A型あるいはB型。2009年、世界中で大流行した新型インフルエンザはA型にあたります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加