ホワイトデーのお返しにはこんな意味があった!お返しの際は要注意!

女性にとって3月14日は特別な日になります。特に本命の人にチョコをあげた人はとにかく落ち着かない状況です。一方、男性の方は義理チョコだった場合のお返しは気兼ねなく決められるのですが、明らかに本命のチョコだった場合は特にお返しに悩む傾向にあります。

男性からもちゃんとした気持ちを相手に伝えなくてはならないからです。そしてそんな悩める男性が増えてきたことにより、ある定説が生まれました。それはホワイトデーのお返しに渡すお菓子によって、それぞれ何かを意味しているというものなのです。

では、お菓子それぞれにどのような意味が込められているのかを見てみましょう。

伝えにくいならお菓子で!嫌いという意味のマシュマロ

もはやホワイトデーのお返しの定番とも言って良いのは白いマシュマロですね。こんな時でないとほとんど食べないという人も多いのではないでしょうか?

しかし実はこのマシュマロはあなたのことが嫌いですという意味が含まれているのです。一体どうしてそんな意味になってしまったのでしょうか?

マシュマロを渡すことによって、「あなたの気持ちを柔らかく包み、そのままお返しします」という意味が込められているのです。確かにあの柔らかいマシュマロならではの理由ですね。

また、食べるとあっという間に溶けてなくなるのも特徴です。なのであまり良くない意味があるともされているのです。

普段何気なくお返しとして渡しがちなマシュマロですが、ホワイトデーのお返しの意味を気にする女性が受け取った場合は、その気がなくても「嫌われた」と思ってしまいます。マシュマロに特別な思い出があるなど、余程の意味がない限りマシュマロを渡すのは避けた方が良いでしょう。

やっぱりこのままの関係が良い?友達でいようという意味のクッキー

次にホワイトデーのお返しの定番として出てくるのがクッキーです。クッキーに込められた意味としては「あなたとは友達です」というものです。何故そういった意味になっているのでしょうか?

まずクッキーには色々な種類があります。なのでたくさんいる友人の中の一人でいてほしいという意味になるのです。

また、クッキーを食べるとサクッとしますよね!つまりサクッとした関係でいたいというのも意味しているのです。

ホワイトデーといえばクッキーだという人も多く、お店にも色々な種類のクッキーが売られています。意味合いとしても一番無難なものだったりするので、特に本命の人がいない場合はクッキーにしておいた方が良いです。

本命の人に渡すならコレ!好きという意味のキャンディー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加