大根のレシピ☆洋風にもアレンジして楽しめるものはあるの?

冬が旬で美味しい大根!おでんなどの温かい煮込み料理にはピッタリで、和風のレシピはたくさんありますよね。ですが、そんな大根も、時には洋風で楽しみたいな~なんて思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。では、大根を洋風で楽しむことができる料理には、どのようなものがあるのでしょうか?

大根はシチューにも活用!

大根といえば、やっぱり煮込み料理です!特に汁ごといただくスープ類にはオススメで、定番の洋風メニューといえば、大根を加えたコンソメスープなどがイメージしやすいですよね。ですが、大根が活用できるスープはコンソメスープだけではないのです。

例えば、大根は冬の定番レシピであるシチューに加えてみても、驚くほど美味しくいただくことができます。シチューに大根なんて、ちょっと意外に感じられるかもしれません。ですが、これが案外合うのです。

じゃがいもの代わり、というような感覚で、シチューに入れてみると良いですね。大きめに切って加え、じっくり煮込めば、食べ応えのある美味しい大根になります。もちろん、じゃがいもも同時に加えて、ニンジンや玉ねぎ、鶏肉などと一緒に煮込んでもOKです。具だくさんで栄養満点なシチューができあがります。

大根は、味が淡泊なので、比較的濃い味であるシチューのようなお料理でも、美味しくいただくことができます。主張しない味であるという点を活かした洋風レシピにピッタリですね。

大根の定番、おでんを洋風に!

大根を使った定番レシピといえば、おでんですよね。おでんは和風の煮物料理ですが、これを洋風にアレンジするという手もあります。

おでんは基本的には、だし汁に醤油やみりん等を加えて作られます。この煮込む際のだしを、コンソメスープをベースにします。そこに白ワインを加えて、塩コショウで味を調えたものがスープとなります。スープに大根の他、すじ肉やゆで卵などの具材を加えて煮込みます。おでん用の天ぷら類も、一緒に加えて煮れば、とっても良い味がしみ出しますね。

洋風おでんは、普段のおでんに少々飽きてしまったかなという時にピッタリです!おでんの具材も、もちろんコンソメスープベースで煮込んでも、とっても美味しく仕上がります。和風のおでんよりも、スープがシンプルな分、味付けに失敗が無いというのも嬉しい点ですね。

洋風おでんというレシピで大根を活用するのなら、煮込みはじっくりと行ってください。大根の中までしっかりスープがしみこんでくれるまで、1時間くらいかけて煮込むのが理想ですね。

大根を煮込む際には、ある程度煮込んだ後、火を止めてしばらく置いて、いったん冷ますと、味がしみやすいと言われています。食べる前日に煮込んでおいて、一晩放置するというのも良い方法です。

大根はマリネでもOK!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加