ホワイトデーのお返しにこれはいらない!意外と知らない女性の本音

バレンタインデーで女性からチョコをもらった時。お返しをどうしようかと悩む男性は多いです。そこで男性も一生懸命お返しを考えてくれるのですが、やはり中には「これはいらないわ」と思われるものもあるのです。

世の中の女性はホワイトデーのお返しの中で、これはいらないと思うものがどんなものなのかを挙げます。

ホワイトデーのお返し!?箱詰めのお菓子を「皆様へ」とひとまとめにする

女性が多い職場ではありがちな光景かもしれないのが、お返しをひとまとめにしてしまうというもの。確かに女性が多い職場でもらった人全員にお返しを買うのは大変です。なのでついついひとまとめにしてしまいたいと思うかもしれません。

女性としてはホワイトデーのお返しを楽しみにしている人が多いので、大変なのはわかるけれども、やはり個別で渡してほしいと思うもの。

もしひとまとめにされてしまうと食べる方も何だか遠慮してしまいますし、その日たまたまお休みをしていた女性社員の分がなくなってしまった…なんてことも起きてしまいます。

また、個別包装されていない場合もあるので、どうやって分ければ良いの?なんていう状況にもなってしまうのです。どんなに小さくてもひとまとめにされるよりかはマシだなと思う女性は多いです。大変なのはわかっていても、やはり個別に渡してほしいですね。

ホワイトデーのお返し!?自分の趣味ではない小物類

ホワイトデーのお返しがマンネリ化しているなと思った時、次に思い浮かべるのはタオルやハンカチ、アクセサリーなどの小物類です。

女性はやはり小物が好きな人が多いです。なのでお返しとしては候補に挙がりやすいのですが、実はこれが一番難易度の高いお返しだったりするのです。

よっぽど自分のセンスに自信があるのなら良いのですが、「これなら女性は好きだろう」なんて思いながら買ってくると、「これは私の趣味じゃないんだけど…」ということになる可能性もあります。

女性の趣味や好きな柄を知り尽くしているなら良いのですが、どんなものが好きなのかわからない場合は、無難にお菓子にしてほしいなというのが女性の本音です。

また付き合っている彼女にお返しをするときに、アクセサリーなどの小物を渡してあげたいと思ったのならば、一緒に買い物へ行くのも一つの手です。何をもらうかわかってしまいますが、その女性が欲しいと思ったものなので、一番確実な方法でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加