喪中☆年末年始の過ごし方で気を付けるべきことは?初詣はOK?

家族や近い親類に不幸があると、その年のお正月は喪中として迎えますよね。年賀状などを控える家庭がほとんどです。

では、そんな喪中の際に、年末年始の過ごし方で気を付けるべきことは他にもあるのでしょうか?例えば初詣には出かけても良いのか、など、気になるポイントが多数ありますね。そこで、そんな喪中の場合の年末年始の過ごし方について調べてみました。

喪中☆年末年始の過ごし方で食べ物は?

年末年始といえば、ご馳走が多数並びますよね。年越しそばやおせちといった食べ物は、年末年始の定番中の定番です。では、これらの食べ物は、喪中の年末年始の過ごし方では、どうなのでしょうか?

年越しそばやおせちというのは、基本的には新年を迎える、お祝いの気持ちでいただくものですよね。そのため、お祝い事を差し控えるべきと考える喪中には、これらの食べ物を食べない、という考えの家庭が多いようです。

特に関西では、喪中には年越しそばやおせちは食べずに、普段通りの食事をして過ごす、という家庭が多いですね。

年末年始に、通常のかけ蕎麦などをいただく分には、特に問題はありません。お祝いの気持ちがあるのかどうか、というのがポイントになります。

故人をしのぶべき時ですので、お祝いにあたるような食事は控えて、年末年始も通常の食事で静かに過ごすのが1番!ということですね。

ただし、考え方は地域や家庭ごとに多少の違いがあります。故人が賑やかなのを好む人だったから、ワイワイと過ごすのも良い、と考えれば、それも良いのかもしれませんね。

喪中の年末年始の過ごし方☆お歳暮は?

喪中の年末年始の過ごし方で、もう1つ、とっても気になるのがお歳暮。お歳暮は人に贈ったり人から贈られたりするものですから、どうしてもマナーがつきものです。

喪中なのに贈るのはおかしいのか、また喪中の人に対して贈るのはおかしいのか、と気になりますよね。年賀状に関しては、新年をお祝いして贈るものですので、こちらは喪中の間は差し控えることになっています。

ですが、お歳暮に関しては、お世話になった方への感謝の気持ち。これは、喪中ということは関係なく、贈るべきものだと考えられています。お祝いの気持ちが込められた贈り物ではないので、問題なし、ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加