咳が止まらない時にどうにかして「咳を止める」という方法はある?

咳が止まらなくなってしまうと、苦しくて眠れなかったり、体がすごく辛くなってしまいますよね。咳止めの薬を飲むという方法もありますが、中には薬を飲みたくない方もいらっしゃるでしょう。

また、小さな子供の咳が止まらず、困ってしまうこともありますよね。休日などで病院も休み・・・そんな時に苦しそうな咳を止めてあげる方法があれば良いのに!なんて思ってしまいますね。では、薬を飲まずに咳が止まらない時に対処する方法はあるのでしょうか?

咳が止まらない時は水分補給!

咳が止まらない原因は様々ですが、乾燥が喉や気管支に良くないことはよく知られていますよね。そのため、まず大切にしたいのが水分補給です。

この水分補給の際にも、いくら乾燥するからといっても、冷たい飲み物をガブガブ飲んではいけません。体が冷えて、ますます風邪を悪化させる原因になることもあります。また、冷たい飲み物を飲むと刺激を感じて気管が収縮してしまい、ますます咳が出てしまうことにもなります。

咳が止まらない時の水分補給では、温かい飲み物をゆっくりと、少しずつ飲んでいきましょう。体が温まるので、風邪対策としても効果的です。さらに、温かい飲み物は湯気が出ているので、喉を加湿してくれる効果も期待できます。白湯を飲むだけでも効果的ですが、殺菌効果のあるお茶などをゆっくり飲むと良いですね。

特に梅干しを入れた番茶は、咳に効果的だと言われています。

咳が止まらない症状には蜂蜜!

咳が止まらない時には、喉に良いということで知られる食材、蜂蜜を活用してみましょう。蜂蜜には、咳止めシロップ並みの効果があると言われるほど、喉を癒やしてくれる効果が期待できます。

特に、辛い就寝中に咳が止まらないという症状に悩まされているなら、寝る前にスプーン1~2杯の蜂蜜を食べてみてください。そのままの蜂蜜が甘すぎて苦手な方は、お湯や紅茶に溶かして飲んでみると良いですね。

蜂蜜には栄養も豊富に含まれているので、体調不良で消耗している体にも嬉しい効果が期待できます。お湯などで溶かして飲めば、さらに喉が潤されるので、加湿効果による咳の改善にも役立ちますね。

また、蜂蜜にはグルコン酸というものが含まれており、これはお茶のカテキンのように、殺菌をしてくれる効果が期待できます。蜂蜜を水に溶かし、これでうがいをしてみましょう。風邪の悪化を防ぐのにも、高い効果が期待できますね。

蜂蜜は1歳未満の摂取はできません。1歳未満の子供の咳が止まらない時には、別の方法で対処しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加