酉の市 2014はいつ?どのような楽しみ方がオススメなのでしょうか?

毎年11月頃になると、酉の市という話題が出てきますよね。酉の市というのは、例年、酉の日に行われるお祭りのことを言います。酉の祭、大酉祭、お酉様などとも呼ばれますね。

そんな酉の市、毎年楽しみにしていらっしゃる方も多いでしょう。では、酉の市、2014年はいつなのでしょうか?

酉の市 2014☆どんなお祭り?

まず、そもそも酉の市というのはどのようなお祭りなのでしょうか?これは、関東地方に多い鷲神社や酉の寺、大鳥神社など、鳥にちなんだ寺社が毎年行う年中行事です。

最近では徐々に全国区に広がり、大阪の大鳥神社や名古屋の稲園山七寺などでも行われるようになってきました。露天がたくさん出て賑わい、威勢の良い手締め、縁起熊手の販売など、非常に賑わうイベントの1つとなっています。

由来は、お寺と神社で違っています。お寺では、11月の酉の日に日蓮宗の日蓮上人が上総国鷲巣の小早川家に滞在し、国家の平穏を願ったそうです。

この時、金星が明るく輝き、鷲妙見大菩薩が鷲の背に乗って現れたとされています。これをきっかけに、11月に酉の市が開催されるようになりました。

それから、神社では、酉の市は大酉祭の日に立った市が起源となっています。鷲神社の祭神、日本武尊が戦勝祈願を大鷲神社で行ったことにちなみ、この日本武尊が亡くなったとされる11月の酉の日に大酉祭が行われるのです。

酉の市の2014年版がいつ行われるのかという点に関しても、これらの由来が関係しています。

酉の市 2014年はいつ?

酉の市が開催されるのは、十二支の酉の日にちなんだ日です。酉の市は11月の酉の日に開催されます。

では、酉の市、2014年はいつだったのでしょうか?2014年11月の酉の日は、10日と22日となっています。

様々な神社が多くの露天とたくさんの人出で賑わい、今年も大盛況となりました。酉の日というのは、十二支にちなんだものなので、12日に1回巡ってきます。これは、毎年日が変わってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加