二日酔い※できるだけ早く解消できる裏ワザってあるのでしょうか?

飲み会の多いシーズンは、お酒を飲んで騒ぐのは面白いけれど、やっぱり気になるのが二日酔いですよね。翌日に響いてしまうと、仕事や家族サービスにも影響してきます。それに、何よりも二日酔いは体が辛いものですね。

では、そんな二日酔いをできるだけ早く解消できる裏ワザには、どのようなものがあるのでしょうか?飲み会シーズンに多くの人を悩ませる二日酔いについて調べてみました。

二日酔いの症状・原因とは?

まず、二日酔いになるとどのような症状が現れるのでしょうか?これには個人差もあるのですが、主に頭痛や吐き気、脱水症状、倦怠感、睡眠障害といったものですね。中には、食欲不振や下痢、あとは筋肉痛といった症状を引き起こすこともあります。

これらの二日酔いが起こる原因は実に様々で、また原因によって症状の出方も違ってきます。例えば、アルコールを飲むとアデノシンという物質やアセトアルデヒドという物質も同時に摂取することになります。

これらには血管を拡張する作用があり、拡張された状態が長く続いてしまうと血管が炎症を起こし、頭痛などの原因になるのです。

それから、もう1つの代表的な原因は、飲酒によって起こる脱水です。脱水は頭痛や倦怠感、吐き気、食欲不振といった様々な症状の原因になります。

利尿作用のあるアルコールを大量に摂取すると、飲酒で飲んだ分以上の水分を失ってしまったりするのです。これにより脱水を起こすと、翌日辛くなってしまうというわけですね。

また、低血糖症が原因となる二日酔いもあります。アルコールは肝臓によって分解されるため、糖分が不足して低血糖の状態を引き起こし、頭痛や倦怠感、筋肉痛などの症状を引き起こすのです。

このように、一口に二日酔いといっても、その症状や原因は様々なのですね。

二日酔いを解消する裏ワザ

二日酔いは原因が様々なので、各原因に応じた解消法が必要となってきます。ですが、最も効果的に解消できる方法というのが、「水分をしっかり摂取すること」ですね。裏ワザというほどでもありませんが、水分をたっぷり摂取することは、二日酔いの、どの原因に対しても有効です。

この場合の水分摂取は、ただの水でも効果はありますが、果物を食べたり、しじみ入りの味噌汁を飲んだり、あとはイオン飲料を飲む、などの方法が特に有効です。果物やイオン飲料に含まれる糖分は、低血糖の症状を改善してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加