マスク☆子供にも使用すれば感染症の予防に役立てることができる?

秋冬になると、様々な感染症が流行しますよね。単なる風邪からインフルエンザやノロウィルスなどの恐ろしいものまで、その種類は様々です。

そこで、そんな感染症から体を守るために活躍してくれるアイテムの1つが、マスクです。では、そんなマスク、子供の感染症予防にも役立てることができるのでしょうか?

子供がマスクをするメリット

子供がマスクをすることによるメリットとして、まず感染症をもらいにくくなるという点が挙げられます。

多くのウィルスはごく小さいために、マスクの繊維の穴は通過してしまうと言われています。ですが、例えばウイルスが付着した部分を手で触れ、その手で鼻や口に何気なく触れると、これは感染症のリスクを大きくアップさせてしまいます。マスクをしていることにより、鼻や口部分に触れる機会を大きく減らせるので、リスクの軽減に役立ちますね。

また、マスクをすることにより、吐く息でマスクの内部を加湿することができます。ウイルスは乾燥した環境を好み、湿度の高い状態では活発に活動することができません。口や鼻を覆って加湿することで、感染症にかかるリスクを大きく減らすことができます。

さらに、子供は感染症にかかりやすく、その菌やウイルスをまき散らしてしまいやすいという特徴があります。ですが、マスクを着用することで、もし感染していても、その菌やウイルスを周囲に広げてしまう可能性も減らすことができるのです。このように、子供がマスクを用いることには、大きなメリットが多数あります。

子供のマスクの選び方

では、子供が着用するマスクは、どのような点に注意して選べば良いのでしょうか?まず、子供は飽き症で、しかも敏感であるということをよく考えたマスク選びが大切です。

シンプルなマスクだと、最初は大人の真似をして楽しみながら着用するけど、すぐに飽きて外したがったりしてしまいます。子供の好きなキャラクターが描かれていたり、好きなカラーのものでおしゃれ気分が楽しめたりするようなアイテムを選ぶと良いですね。

それから、子供のマスクは、着け心地の良いものを選んであげることが大切です。紙製のものでも、ゴワゴワ感が強いと、どうしても肌に刺激となり不快感を感じ、外したがるようになってしまいます。できるだけ布製など、柔らかい素材で着け心地の良いものを選んであげましょう。

また、できれば子供のマスクは、感染症をもらいやすい部位である鼻と口、両方を覆うことができるタイプが好ましいですね。口だけでは感染症を防ぎきるのは難しいです。鼻を覆うだけで、感染症のリスクを大きく減らすことができますし、鼻の乾燥を防いで鼻づまりにも嬉しい効果が期待できます。

子供のマスクの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加