山菜の種類にはどのようなものがあるの?それぞれの特徴は?

美味しい山菜!ですが、最近ではあまり馴染みのない食べ物になってきていますよね。山菜と一口に言っても、その種類や特徴は様々。そこで、そんな山菜の種類と特徴について調べてみました。

山菜の主な種類と特徴

山菜というのは、山に自生する食用の植物のことを言います。この山菜の大きな特徴は、人工的に栽培されているのではなく、自生しているものを採取しているという点です。まさに自然の恵みですね。

そんな山菜として、一般的に食卓に上がるものには、以下のような種類があり、それぞれに特徴があります。

・明日葉・・・葉や茎を食する山菜で、独特の癖があり、栄養価が非常に高い。
・イタドリ・・・茎が中空で丈のような構造。柔らかくて食べやすく、酸味があり、生で食べることも可能。
・ウド・・・香りが強い。若葉やつぼみ、芽などを食用とし、アクが少ないので食べやすい。薬用としても用いられる。
・クコ・・・ナス科の低木。果実を生食やドライフルーツとしていただく。月経促進などの作用があるが、妊婦は避けたほうが良い。
・セリ・・・若い茎を食用とする。独特の香りがあるが、春の七草の1つとして親しまれている。
・ぜんまい・・・若い葉を食用とする。山菜の代表格としてよく知られているものの1つ。
・タケノコ・・・竹の若芽。えぐみが強いのでしっかりあく抜きして利用。広く親しまれる山菜。
・フキ・・・葉柄や葉を食用とするが、あく抜きが必要。筋があるのが特徴。
・わらび・・・山菜の代表格。あく抜きをしてお浸しなどにし、食用とする。

ここに挙げた山菜は、ほんの一例。実は、山菜にはかなり多くの種類があり、「こんなものも食べられるの!?」というものもあるのです。

山菜を採取する場合の注意点

たくさんの種類がある山菜は、どうしても、採取する際に間違ってしまうことがあります。栽培するのではなく、自生しているものを採取するという方法なので、よく似た違う種類を採取してしまうということもあるのです。そのため、中には中毒性のある野草を採取してしまう場合もあり、注意が必要となっています。

特にニリンソウと間違えやすいイチリンソウやコシアブラと間違いやすいウルシ、タラノキなどの毒草には注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加