年越しそば※上に何か乗せたり、アレンジするレシピはある?

1年の最後を締めくくる食べ物といえば、「年越しそば」ですよね!温かいおそばを食べながら、団らんの時を過ごし、カウントダウン・・・日本ならではの大晦日の醍醐味を感じます。

だけど、そんな定番年越しそば・・・自分の家以外の家庭ではどんな風に食べられているのか、気になってしまいますよね?上に何か乗せたり、アレンジするレシピで楽しんでいる家庭もあるのでしょうか?

年越しそばに乗せるものは?

そばやうどんというと、一般的には甘辛い味付けの薄揚げや、カリッとしたかき揚げ風の天ぷらなどを乗せますよね。では、年越しそばには、こういったものは乗せるのでしょうか?

年越しそばを食べるタイミングは、多くの家庭では、晩ご飯を食べた後で、年越しの午前0時までの間・・・という感じになっています。ということは、晩ご飯でそれなりに満たされたお腹に、そばを食べるというわけです。

そのため、「年越しそばには何も乗せない」という家庭がけっこう多いですね。薄揚げや天ぷらは、どうしても油っこくて胃腸に負担になるため、午前0時に食べるそばに乗せるには不向きなのでしょう。

ですが、中にはもちろん、こういった定番の具材を乗せるという家庭もあります。また、薄揚げや天ぷらとまではいかなくても、ネギなどの薬味や、カマボコといったちょっとした具材は乗せるという家庭もありますね。

それから、中には「晩ご飯に年越しそば」という家庭もあります。そういった家庭では、エビ天などを乗せて、わりとガッツリとした食事にする傾向があるようですね。

アレンジを楽しんでみてもOK!

ごく普通の年越しそばに飽きてしまったというのなら、アレンジを加えて、オリジナルの年越しそばを食べてみるのも良いですね!例えば、山芋をすりおろしたものを加えてみる方法。刻みノリなどを散らすと、さらに見栄えも良く、風味もアップしますね。

それから、そばに温泉卵を乗せてみるというのも素敵です。卵を絡めながら食べる年越しそばというのも、いつもと一味違う大晦日が楽しめそうですね。

また、ガッツリいきたいという方は、出汁をカレー味にしてみるというのも1つの方法ですね。カレーそばなら、大晦日の夜ご飯にしても、物足りなさを感じません。

あるいは、温かいそば、というイメージを捨てて、冷たいザルそばで楽しんでみるというのも良いでしょう。温かい室内なら、ザルそばでも十分に美味しくいただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加