スーツ☆卒業式に親が出席する際にはどのようなデザインがマナー?

可愛い子供の卒業式となると、親は張り切ってしまいますよね。親はスーツで出席することがほとんどですが、そんな卒業式のスーツには、色々悩んでしまうこともありますね。

張り切りすぎて、とっても派手なスーツで出席して、周囲から浮いて恥ずかしい思いをする・・・そんなことにはなりたくないですね。そこで、卒業式に着るスーツのマナーを紹介します。

スーツ☆卒業式向けの色

「卒業式はおめでたい儀式だから、派手なスーツで良いんでしょ!?」というのは大きな間違いです。卒業式にパステルカラーのスーツなんかを着て行ったら、悪目立ちすること間違いなしなので、要注意ですね!

卒業式に着ていくスーツの色は、基本は黒です。別れの儀式でもあるので、あまり派手な色で盛り上げるという雰囲気ではありません。

黒では重すぎる、という方には、グレーも人気です。ベージュも許容範囲ではありますが、あまり着ている方は多くはありません。基本、全体的に黒かグレーで出席しているので、周囲に合わせるようにしましょう。

卒業式に出席する際には、喪服を着用するという人もいます。それほど、派手にならないことが大きなマナーである儀式だということが分かりますよね。

黒やグレーのスーツで地味になり過ぎるという方は、ブラウスやアクセ、コサージュで華やかさを演出すればOKです。胸元からフリルブラウスをのぞかせたり、素敵なコサージュを付けたり。それから、ネックレスや指輪などをきらりと光らせて、卒業式らしさを演出しましょう。

スーツ☆卒業式に出席する時のデザインは?

卒業式に出席する際のスーツは、「あれってキャバクラのお姉さんのファッションじゃない?」と思われるようなものは避けてください。そんなイメージになってしまいがちなデザインというのが、ミニスカートです。

卒業式は子供のためのイベント。親が目立つ必要はありません。膝丈程度の長さのスカートスーツが理想のデザインですね。

中にはパンツスーツの方もいらっしゃいますが、パンツスーツはどうしてもビジネススーツのようなイメージになってしまいます。ふんわりしたスカートのスーツのほうが、卒業式に向いていると言えますね。

また、卒業式シーズンは肌寒いので、できるだけ温かいデザインのスーツを選んでおくのがおすすめです。ワンピース型のスーツなどの場合には、中に肌着などを着用すると首元から見えてしまうことがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加