もやしには賞味期限があるけど切れても食べられる?

野菜類には、あんまり賞味期限って記載されていませんよね。だけどもやしには、パッケージに賞味期限が記載されている場合がほとんど。

でも、どうしてもやしにだけ、そんな賞味期限というものが存在するのでしょうか?もやしの賞味期限が切れてしまったら、一体どうなるのでしょうか?

そんなもやしの賞味期限に関する素朴な疑問について調べてみました。

もやしの賞味期限はどれくらい?

もやしという野菜は、栄養価も高く、しかも数十円で購入できてしまうという気軽さが嬉しいですよね。だけど、賞味期限が短くてすぐにダメになってしまうというのが悩みの種。では、もやしの賞味期限というのは一体どのくらいなのでしょうか?

基本的には、もやしの賞味期限は出荷から2~3日程度に設定されています。ただし、店頭に並べられたのがいつなのかは分からないので、店頭で購入する際にはパッケージに記載された賞味期限をよくチェックして、参考にしましょう。

中には、買ったその日に食べないといけないようなもやしもあります。そんなもやしは、賞味期限の記載だけでなく、もやしの状態を見て鮮度を判別することもわりと簡単です。

まず、賞味期限を切れてくると、もやしは色が変わってきたりします。茶色っぽくなっているものはダメですね。それから、袋の中に水分が溜まってきたりもします。あとは、もやしの袋を開けた際のニオイが、酸っぱい感じに変化してきます。

これらの状態の変化に、よく注意してみましょう。

もやしの賞味期限切れ、食べても平気?

では、そんな賞味期限を切れてしまったもやしというのは、食べても大丈夫なものなのでしょうか?

基本的には、賞味期限を1日や2日過ぎたところで、健康に大きな害を及ぼすということは考えにくいですね。ですがあまりにも傷みが激しいものを食べた場合には、健康を保証することはできません。できれば、見た目やニオイに明らかな異状のあるもやしは、食べないほうが無難でしょう。

それから、もやしは賞味期限を過ぎてしまうと、食感、味、ニオイといった面が劣ってしまいます。やはり賞味期限というのは、美味しくいただけるための期限ですから、これを過ぎたものは好ましくないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加