ほうれん草のレシピ☆人気があって簡単で美味しいものといえば?

冬になるととっても美味しい野菜の1つに、ほうれん草があります。ほうれん草は栄養価も高く、特に鉄分を豊富に含むことで知られ、女性には嬉しい野菜の1つ。ぜひ、積極的に取り入れていきたいですね。

そこで、そんなほうれん草をしっかり活用できるような、人気があって、しかも簡単で美味しいレシピを紹介します。

ほうれん草のレシピ★定番は和え物!

ほうれん草のレシピというと、やっぱり定番は和え物ですよね。大人気で簡単に作れるレシピなら、ほうれん草のお浸し。お浸しは、茹でたほうれん草を2㎝程度の長さに切り、よく絞ってから、醤油で和えればOKです。

この時、少し出汁をプラスすると風味がアップします。それから、お浸しには鰹節をかけると、より見た目も美しく、美味しくいただけるようになりますね。

一味違うお浸しを楽しみたいなら、すりおろした生姜を加えて、生姜醤油のほうれん草のお浸し、なんていうのも美味しいですね。あとは、スダチの搾り汁をかけると、爽やかで美味しくなります。

それから、もう1つのほうれん草の定番人気レシピといえば、胡麻和えですね。胡麻和えは、よくすったゴマに醤油と、お砂糖を少々加えた衣を和えます。味は自分の好みで加減してみてください。

これらのほうれん草の和え物を作る際には、ちょっとしたポイントがあります。和え物をする際に最も気を付けたいのが、ほうれん草から出てくる水分です。水っぽくなると美味しくなくなるので、水気はよく絞ることが重要です。

ですが、必死で絞ったはずなのに水っぽくなってしまうこともあります。これを防ぐために有効なのが「ムラ絞り」という方法。1度絞ったほうれん草に、醤油を少々和えてから、さらにもう1度絞ってみましょう。これだけで、水っぽくなるのを防ぐ効果があります。

ほうれん草の人気レシピ☆温かい煮物で!

ほうれん草は美味しいけれど、やっぱり冬場には温かく食べたい!と考える方も多いですよね。そんな時には、ほうれん草を煮物にしてしまいましょう!

例えば、ほうれん草の煮びたしなんかは気軽にできて美味しいですよね。ほうれん草の煮びたしは、薄あげとめんつゆがあれば簡単に作れます。

ほうれん草1束を3㎝程度の長さに切り、薄あげ1枚を短冊切りに。これを、鍋に規定の分量で薄めた麺つゆを火にかけ、沸騰したところに加えて2分程度煮込めば出来上がり!あと一品という時に活用するレシピですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加