ノロウイルス、感染の予防法は?徹底的に対策するにはどうすればいい?

しばしば大流行する怖い感染症の1つに、ノロウイルスというものがありますね。このノロウイルスは、一体どのような経路で感染してしまうのでしょうか?感染力が非常に強い感染症なので、予防法を頭に叩き込んで、徹底的に戦いたいですね!そこで、そんなノロウイルスについて調べてみました。

ノロウイルスってどんな病気?

ノロウイルスは感染性の胃腸炎です。主に冬に大流行するため、冬だけの感染症のように思われがちですが、実際には1年中発生しています。

この胃腸炎を引き起こすノロウイルスというウイルスは、手指や食品を介して感染します。そして、人の腸管の中で増殖して、様々な症状を引き起こすのです。症状としては、激しい腹痛、下痢、嘔吐などがほとんどです。

健康な方がかかってしまっても、軽症で済む場合がほとんどですが、ご高齢者や乳幼児は注意が必要です。重症化の可能性があり、また、時には嘔吐したものを喉に詰まらせてしまうということもあります。実際に、このノロウイルスが原因で亡くなる方もいらっしゃいます。

ワクチンなどもまだ開発されておらず、治療法も対症療法のみしかないので、とにかく予防を徹底することが重要ですね!

ノロウイルスの感染経路とは!?

では、そんなノロウイルスは、一体どのような感染経路でかかってしまうのでしょうか?実はこのノロウイルスの感染経路は複数あり、それが予防を困難にしているという面があります。

・人から人への飛まつ感染
・ノロウイルスにかかった患者の便や吐しゃ物による二次感染
・食品取扱者が感染していた場合の汚染した食べ物による感染
・ノロウイルスによって汚染された水を消毒せずに摂取した場合の感染
・汚染されている牡蠣などの二枚貝を加熱不十分で食べた場合の感染

こういったものが主なものですね。

牡蠣がノロウイルスの原因になるということはよく知られていますが、牡蠣を食べた覚えも無いのにノロウイルスにかかってしまう!なんてこともよくあることなのです。特に、食品を取り扱う人が感染していた場合には、大流行を引き起こす可能性があるので怖いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加