子供の睡眠不足の原因は?何か成長に悪影響は出てくるの?

睡眠不足というと、大人の問題のように感じられますよね。だけど、最近では保育園や小学校に通うような子供の睡眠不足が増えているそうです。

では、どうしてこのような子ども達が睡眠不足になってしまっているのでしょうか?また、これは子どもの成長にどのような悪影響をもたらすのでしょうか?

睡眠不足☆子供がなってしまう背景

通常なら、子どもの睡眠は、夜の21時~朝の6時・7時くらいまで。このような生活を規則正しく行い、必要に応じて昼寝を取り入れていけば、睡眠不足に陥るということはありません。

ですが、最近の子どもは、就寝時間が夜の23時、なんて当たり前のような生活をしてしまっていることが少なくないのです。

その背景には色々なことが考えられますが、まず、親が自分の時間を優先してしまっていることが挙げられますね。

忙しいがために、夜になっても片づけなければならないことが数多くあり、子どもを寝かすということをしません。すると、子どもはいつまででも起きて、大人と同じペースの生活をしてしまうのです。

特に遅くまでテレビなどを見せていると、子どもは興奮して寝なくなってしまいます。これが睡眠不足につながるわけですね。

また、最近の子どもは昔に比べると、外遊びをする機会が減ってきています。部屋の中でばかり遊んでいると神経だけが疲れ、身体が疲れないため、寝付きが悪くなります。

それで夜にうまく眠れなくなり、朝は起きられず、また夜は遅くなる・・・そんな悪循環が身に付いてしまっているのです。

睡眠不足が子どもに与える悪影響

睡眠中には、成長ホルモンという大切なホルモンが分泌されることが分かっています。成長ホルモンは、その名の通り子どもの成長には欠かせないホルモンです。

体の成長が著しい成長期の子どもは、この成長ホルモンがたくさん分泌される22時~2時の間は特に、しっかりと眠らなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加