お年賀の挨拶はいつまでにする?どんなのしを使えばいいの?

「お年賀の挨拶っていつまでにすればいいの?のしの種類とか気をつけなければいけないマナーってある?」など、疑問に感じている方は多いのではないでしょうか?そこで、ここでは、あまり知られていないお年賀のマナーについて紹介します。

お年賀の挨拶とは?

まず、お年賀というのは一体どのようなものなのか分からないという方もいらっしゃいますよね。

このお年賀の由来は、古くから、新年の年神様をお迎えして祀るという風習があり、その年神様へのお供え物を持参して年末年始の挨拶に訪れたことだと言われています。

ですが、最近ではお年賀が持つ意味合いは、年神様へのお供えというよりは、挨拶の際の手土産、という感覚に代わってきていますね。

子どもたちに対して贈るお正月の贈り物は、お年玉です。それが、訪問する家庭への贈り物としては「お年賀」になる、というわけですね。

お年賀ののしはどんな書き方?

では、お年賀ののしはどのようなものを用い、どのような表書きをするのが正しいマナーなのでしょうか?

まず、お年賀はおめでたい場面での贈り物なので、紅白の蝶結びののしを用います。それから表書きは「御年賀」、結びの下には名前を入れます。これが正しいお年賀ののしのかき方です。

結びきりののしというのは、結婚式や御見舞いのように、一度きりで終えてほしいお祝いごとで使用されるものです。ですから、何度も訪れてほしいお正月に贈るお年賀ののしは、蝶結びのものが正しいマナー、というわけですね。

また、親類などの家に贈る場合は特に、名前はフルネームで入れることをオススメします。同じ苗字の人がいるということもあり得ますので、できるだけ、誰が贈ったものなのかを判別できるようにしておきたいですね。

お年賀の挨拶はいつまで?マナーは?

お年賀は手土産と考えると気軽な贈り物に感じられますが、やはりマナーはあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加