インフルエンザ、幼児の症状と必要な対処方法は?

インフルエンザは、風邪とは違い症状が重くなってしまいがちな感染症の1つです。そのため、できるだけかからないように予防することが先決ですよね。

ですが、毎日保育園などの人ごみに出かける幼児は、抵抗力が弱いということもあり、どうしてもインフルエンザにかかりやすいのが困ったところです。では、どんな幼児がインフルエンザにかかったら、どのような対処法が必要なのか紹介します。

インフルエンザ☆幼児がかかったら?

高熱など、インフルエンザが疑われる症状を幼児が発症した場合には、速やかに医療機関を受診しましょう。医師による適切な診察を受け、薬を処方してもらって治療していきます。自己判断で風邪薬などの市販薬を飲ませるのではなく、必ず医師の指示に従ってください。

また、インフルエンザの治療でよく用いられるのは、やはり幼児の場合でもタミフルです。タミフルというと、異常行動を起こす可能性があることで知られていますね。そのため、服用の際にはよく注意点を訊いておきましょう。

それから、服用後には絶対に目を離さないようにしてください。安全を確保したうえで正しく服用すれば、タミフルはインフルエンザ治療に非常に有効な薬です。むやみに怖がる必要はありません。

インフルエンザ☆幼児の家庭でのケア

病院での治療以外に、家庭で気を付けるポイントとしては、まずしっかりと水分補給をすることです。高熱になりがちなインフルエンザは、どうしても脱水症状が起こりやすくなります。イオン飲料なども上手に用いて、しっかり水分を保ちましょう。

それから、熱が上がり切るまでは体を温めてあげましょう。毛布などをかけて、室温も高めに設定してあげると良いですね。

ある程度熱が上がり切り、悪寒が無くなったようなら、今度はワキや首といったところを冷やしてあげると楽になります。

食事は消化の良いものを、食べられるのであれば食べさせてあげましょう。食欲が無いのに、無理に食べさせる必要はありません。バナナやリンゴなどの果物なら食べやすいですね。

また、幼児がインフルエンザにかかっている時には、タミフルによる異常行動を含め、目を離してはいけない状態にあります。特に高熱になることが多いので、熱性けいれんを起こす可能性も無いとは言えません。何かあった場合にすぐに対処できるように気を付けましょう。

インフルエンザ☆こんな症状に注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加