餅のレシピ☆飽きずに最後まで餅を楽しめる方法ってあるの?

お正月には、たくさんのお餅をつくという家庭もありますよね。また、家庭でお餅をつかなくても、たくさんの小分けパックになった餅が入った鏡餅を購入したり、誰かから餅をいただいたり・・・お餅が家に溢れかえった状態になるという家庭は少なくないでしょう。

ですが、餅というのは料理に利用しにくく、お雑煮やぜんざいで食べても、最終的には飽きてしまったりするものです。では、そんな餅はどのようなレシピにすれば、最後まで飽きずに楽しめるのでしょうか?

餅のレシピ☆ご飯に混ぜておこわ風

餅のレシピというと、醤油餅やきなこ餅、あんこ餅・・・考えてみると、そのほとんどがおやつ系のレシピですよね。これが、餅に飽きて消費しきれなくなる原因の1つでもあります。そんな餅の飽きを解消するためには、食事として餅を活用するのが1番です。

そこでオススメなのが、簡単にできてしまうおこわ。これは、炊飯器でご飯を炊く際に、餅を加えて一緒に炊き、炊き上がりに混ぜ込むという大胆なレシピです。

分量はお米3合に対して餅2個程度。あとは、お好みでキノコやニンジン等の具材を加え、だしや醤油、みりんで味付けして炊飯します。水加減もふつうでOKです!

おこわというと、大変手間暇のかかる、家庭では難しいレシピに思えますよね。ですが、この餅を混ぜ込むという方法なら、とっても簡単にできてしまいます。

しかも、混ぜ込まれた餅は姿を消しますので、「餅を見るのもイヤになる」というくらい飽きてしまっている人でも安心ですね!

餅を巾着にすればレシピ倍増!

ただの餅単体だと、どうしても考えられるレシピが限られています。そんな時には、餅を開いた薄あげの中に入れて、餅巾着を作ってみましょう。

薄あげを縦半分に切り、菜箸を転がして剥がれやすくしてから、丁寧に袋状に剥がします。その袋の中に、餅を入れて口を閉じればOKです。

口を閉じる際には、爪楊枝を利用しても良いですし、かんぴょうで結んでみても良いですね。薄あげが破れてしまうと、そこから餅がはみ出してくるので注意しましょう。

このようにして餅巾着を作れば、餅をおでんに入れたり鍋料理に入れたりと、一気に活用幅が広がります。料理レシピとして活用しやすくなるのが嬉しいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加