会社で使う卓上カレンダー、できるだけ安く用意する方法は?

会社では仕事関係の予定が満載!それを管理するために必要となってくるのが、デスクに座ってスケジュール管理ができる、卓上カレンダーですよね。

そんな卓上カレンダーですが、会社で使うものとなると、できるだけ安く手に入れたいものです。では、どのような方法で行えば、お金をかけずに卓上カレンダーを用意することができるのでしょうか?

もらってきたカレンダーを活用

年末が近づくと、普段お世話になっている何かの業者から、カレンダーをいただくということはよくあります。このカレンダーを会社で活用すれば、無料で用意することができてしまいます。

ただし、企業がプレゼントしてくれるカレンダーは、大きさもデザインも選ぶことができません。もし、卓上に置けるタイプの理想の卓上カレンダーをもらえれば、これに越したことは無いですね。

それが無いのであれば、小さ目サイズのカレンダーをもらったら、それをデスクに吊り下げて使うというのもアリです。デスクに置くタイプの卓上カレンダーよりも、案外邪魔にならないと感じる方もいるかもしれません。吊り下げの際には、粘着式のフックなどを活用すると良いでしょう。

また、頂き物のカレンダーを活用する際でも、使いやすさにはこだわりましょう。できるだけ書き込める欄が大きいカレンダーで、六曜(大安など)が記載されたものだと、何かと便利ですね。

カレンダーを手作りするという方法も!

卓上カレンダーは、意外と簡単に手作りすることも可能です。もちろん、自分で表を書いて日付や曜日を書き足していく・・・なんて面倒な作業は行いません。

今はネット社会ですから、ネットで「カレンダー 2015」などと検索すれば、ダウンロードできるものがヒットします。そういう物の中には、卓上として活用できるものもあるのです。

ダウンロードして印刷するという方法なら、必要なのは印刷する用紙とインク代のみ。不要な紙を利用して、できるだけシンプルなデザインのものを選べば、紙代・インク代も節約できますね。

ペラペラの紙に印刷して、あとは卓上になるように厚紙などで作った台紙に穴を開けて輪ゴムなどで通せば良いだけです。意外と簡単に、お金をかけずにオリジナルの卓上カレンダーができてしまいますね!

少しだけデザインにこだわりたいなら、台紙となる厚紙をちょっとおしゃれなデザインのものにしてみましょう。それだけでも、グンと雰囲気が変わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加