瓶のラベル※再利用のためにキレイに取れる剥がし方はあるの?

瓶は、キレイに洗浄して熱湯消毒すれば再利用することができる、すごく便利なアイテムですよね。調味料の保存などに再利用している方も少なくないでしょう。

ですが、そんな再利用の際にどうしても気になってしまうのが瓶のラベル。無理矢理剥がして、白い跡が残って汚くなってしまった!なんて失敗もありがちです。では、そんな瓶のラベルのキレイな剥がし方はあるのでしょうか?

瓶のラベル☆紙ならお湯に浸けて!

瓶のラベルにも色々な種類がありますが、中でも最もポピュラーなのが紙でできたタイプのものですよね。紙のラベルは、水性のノリで貼り付けられています。

この水性のノリというのは、熱いお湯に入れると剥がれやすくなるという特性があります。瓶には耐熱性があるので熱湯でも大丈夫です。できるだけ熱いお湯に浸けてみましょう。

1時間くらい浸けてから、端から少しずつ丁寧に剥がしてみてください。一気に剥がすと、途中で薄い白いノリが残ってしまうので、端からゆっくりを心がけてください!

この方法だけでも驚くほどキレイに剥がせるラベルもあります。ただし、瓶の種類やラベルの種類によって、お湯だけの剥がし方ではイマイチ効果が無い場合もあります。

白いノリ部分がたくさん残ってしまった場合には、消しゴムやメラニンスポンジでこすると、比較的キレイに落とすことができ、仕上がりが良くなりますよ!

瓶のラベル☆頑固な場合の剥がし方

お湯だけでは落ちない頑固な瓶のラベルの場合には、薬品の登場です。ここで活用できる薬品の第一号が、除光液。ネイルを剥がす際に使用するものですね。除光液をたっぷりとコットンに含ませて、これで拭いてみましょう。ポロポロと気持ち良く剥がれていくラベルもあります。

除光液を使った剥がし方でもうまくいかない時には、シール剥がしの専用の液を使うか、ベンジンを使用しましょう。これらの薬品は強力なので、用いればかなり本格的なラベル剥がしをすることができます。

ただし、どの薬品も化学的な物質が使われているので、使用の際には手荒れを起こさないように手袋をするなど、注意してください。

また、剥がした後に調味料の保存などで再利用する場合には、しっかりと洗うことも必要です。薬品の影響が怖いという方には不向きな方法ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加