野菜ジュース※本当に肌に嬉しい効果のある栄養は含まれているの?

現代人は、慢性的に野菜不足の人が多いと言われていますよね。そんな野菜不足を解消するために役立つと考えられるものの1つ、野菜ジュース。ですが、最近、その栄養について疑問を抱く声も増えてきています。では、市販されている野菜ジュースには、肌に嬉しい効果のある栄養などは含まれているのでしょうか?

野菜ジュースに美肌効果のある栄養はある?

「野菜ジュースは気軽にビタミンやミネラルを補給できる美肌のための心強いアイテム!」と考える人は少なくないでしょう。実際、栄養成分表を見てみても、色々な栄養素が書かれていて、期待が持てますよね。

ですが、実は野菜ジュースにはそこまでの美肌効果は期待できません。野菜ジュースの多くが、無添加で防腐剤などを配合せずに作られています。なのに、常温で長期の保存ができる秘密は、消費者が安全に摂取できるように、加熱殺菌処理という方法を採用しているからです。

加熱殺菌処理は、商品の品質を保つためには重要な過程ではありますが、この過程で多くのビタミン類をダメにしてしまいます。ビタミンには水溶性と油溶性のものがあり、そのうちの水溶性ビタミンは、熱に弱いという特製があるのです。

水溶性ビタミンの中には、ビタミンCやビタミンB群といった、美肌効果の高いものも多数あります。これらが破壊されてしまっているとなると、美肌効果が高い飲み物、というイメージはグンと落ちてしまいますね。

ビタミンなどの栄養面で考えると、野菜ジュースを飲むだけで美肌効果が得られるということは考えにくいでしょう。どちらかといえば、「水分や食物繊維を摂取することで便秘を解消し、デトックス効果が得られる飲み物」だと考えると良いですね。

イマイチ美肌効果が期待できない市販の野菜ジュースの中でも、少しでも美肌効果に期待したいというのであれば、加熱殺菌処理後に栄養を添加しているものを選ぶと良いでしょう。ですが、添加物という視点で考えると、少し怖いと感じる方もいらっしゃいますね。

野菜ジュースと生絞りジュースの違い

市販されている野菜ジュースと、自宅のジューサーを使って作る生絞りジュースとには、どのような違いがあるのか気になりますよね。では、どちらの方が肌に嬉しい効果があるのでしょうか?

基本的には、生絞りジュースのほうが栄養価が高く、美肌にも効果があると言われています。野菜ジュースは絞った後に、消費者が飲みやすく、なおかつ安全に飲用でき、しかも長期保存が可能なように様々な加工が施されます。この過程で、多くの栄養素が破壊されていきます。

生絞りジュースであっても、作ってから時間が経過するとどんどん酸化が進み、栄養が損なわれていくことが分かっています。つまり、野菜に含まれる栄養素というのは、それだけデリケートなものであるということですね。

そう考えると、過度の加工を行い、加熱もしてある野菜ジュースは、美肌への効果が期待しにくいということが分かります。生絞りジュースは、野菜に含まれる栄養がほぼ丸ごと、しっかり含まれています。しかも新鮮な状態なので、安心して口にすることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加