ロタウィルス※赤ちゃんがかかってしまった場合の食事や対処法は?

赤ちゃんや小さな子どもがかかりやすく怖い病気の1つに、ロタウィルスがあります。特に1歳未満の赤ちゃんがかかってしまった場合には、注意が必要です。では、赤ちゃんがロタウィルスに感染してしまった場合には、食事面などどのように対処していけば良いのでしょうか?

ロタウィルスってどんな病気?

まず、ロタウィルスがどんな病気で、どのような症状が現れるのかを正しく知っておきたいですね。

ロタウィルスというのは、1月初旬ごろに乳幼児の間で流行する感染症です。腸炎の1つで、嘔吐や下痢といった症状が現れます。特に生後6か月~2歳までの時期に感染しやすく、赤ちゃんは重症化もしやすいので注意が必要です。

ロタウィルスの見分け方は、便で分かります。ロタウィルスに感染した時の便は、白っぽく、独特の酸っぱいようなニオイを発します。そのような便が見られた場合や、嘔吐を繰り返す場合には、早急に小児科を受診しましょう。

また、ロタウィルスは非常に感染力が強く、嘔吐物や下痢便内にウィルスが存在しています。これを処理する家族も、感染しないように手袋やマスクを着用するなど、最大限に注意しましょう。

このロタウィルスという病気は、1歳までに3人に1人が感染する病気であると言われています。赤ちゃんでも感染する可能性が非常に高いということを知って、予防しておくことも大切ですね。

ロタウィルス☆赤ちゃんがかかったら?

ロタウィルスに感染すると、高熱やひどい下痢、嘔吐が繰り返されます。この時に、何よりも注意したいのが脱水症状です。赤ちゃんは、喉が渇いたということをうまく伝えることができません。しっかりと水分を補給してあげるようにしましょう。

水分補給は、1度にガブガブと飲ませるのではなく、少量ずつこまめに与えるのがポイントです。それから食事に関しては、あまり食欲が無いことが多いでしょう。水分さえ摂れていれば、無理に食べさせる必要はありません。与えるのはできるだけ消化の良い食べ物のみとし、お粥などを中心にしましょう。

離乳食の段階を、1段階戻してみるのも良いですね。果物を与えるのであれば、リンゴがオススメです。みかんは吐き気を催したり、下痢をひどくする可能性があるので控えましょう。

水分も受け付けないほど症状がひどい、グッタリしているという場合には、すぐに病院を再受診してください。点滴等による治療が必要な場合もあります。

ロタウィルスを予防しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加