ジップロック※1回で捨てるのはもったいないけど再利用するのはOK?

保存したい食品を入れて、ジッパーをしっかり閉めることにより、食品の鮮度を保つことができるジップロック。とっても便利なアイテムですよね。

ですが、そんなジップロックはラップなどに比べると、非常に丈夫な作りとなっており、しかも価格も高額。そのため、たった1回で使い捨てというのはもったいなく感じられてしまいます。では、そんなジップロックは再利用しても大丈夫なものなのでしょうか?

ジップロックの再利用はOK?

1回使っただけでは、なかなか傷まない丈夫な袋が魅力のジップロック。ですが、実はメーカーでは、再利用は控えるようにということになっています。その理由は、衛生面を保つことができないからです。

食品を安全に保存することが目的のジップロックにおいて、内部で菌が繁殖してしまうというのでは、意味がありませんよね。1度使い、食べ物の汁などが付いてしまっている袋は、どうしても不衛生になります。そのため、使い捨てが推奨されているのです。

水洗いしただけのジップロックの袋は、キレイな状態とは言えません。また、生肉の保存などに使ったジップロックを、再利用で野菜の保存に使ったりすると、衛生的に良くないのは目に見えて分かりますよね。

素材の質からしても、ハイターなどで漂白するのに向かないものなので、その点でも衛生状態は保ちにくいと言えます。これらの点を考慮して、もったいないと感じても、できるだけジップロックは使い捨てするように心掛けましょう。

ジップロックを再利用するなら?

メーカーからはジップロックの再利用は推奨されていませんが、それでもやっぱり、もったいないから再利用したいという方が多いのが現実ですね。

もし、再利用したいというのであれば、中に直接食材を入れたものではなく、ラップなどで包んだ食材をまとめたジップロックなどにしましょう。また、生肉や生魚を入れた物も、できるだけ避けたいですね。

それから、ジップロックの中で食べ物が傷んでいた場合には、そのジップロックは即座に捨てましょう。例えばカビが生えていたりしたら、どんなに洗ってもカビの胞子が残っている可能性があり、非常に危険です。

再利用する際には、内部を洗剤付きのスポンジでよく洗浄し、しっかりと乾燥させます。口を開いた状態で干して、水滴が内部に残らないようにしましょう。水滴が残ると、ますます雑菌が繁殖しやすくなります。

さらに、食品添加物から作られたアルコールなどをキッチンペーパーに浸し、これで内部を清潔に拭き取ると良いですね。これらの努力をすれば、かなり内部の雑菌を減らすことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加