ロティサリーチキンってどんなモノ?アレンジすることもできる?

クリスマスといえば、やっぱりチキンを使ったお料理ですよね!そんなチキン料理の中でも、注目されているものの1つがロティサリーチキンです。

でも、「ロティサリーチキン」っていったい何なの?と感じる方もいらっしゃるでしょう。また、思い切ってロティサリーチキンを購入してみたけれど、食べきれずに困ってしまうということもありますね。そこで、そんなロティサリーチキンと、そのアレンジレシピについて紹介します。

ロティサリーチキンとは?

まず、そもそもロティサリーチキンという食べ物がどのような物なのか知りたいですよね。ロティサリーチキンというのは、骨つきの肉を丸ごと、棒に刺して回転させながら、低温でじっくりと焼き上げたお料理のことを言います。

低温で回転させながらという技法により、肉全体に均一に火が入ることで、とってもジューシーで美味しくいただけるチキン料理に仕上がります。余分な脂もしっかり落ちるので、皮がパリッとして食感が良く、しかも中はジューシーでたまらない味です!

味つけは、塩コショウが基本となっており、ハーブ、ニンニク、スパイスなどで各店オリジナルの味つけが施されます。オーブン調理では、下で受けている部分に肉汁と脂が溜まっていきます。この脂で同時に野菜を焼いたりする、ということもありますね。

特に旨みの凝縮された肉汁で焼き上げられるじゃがいもは、ロティサリーチキンの付け合わせとして定番です。カフェやフレンチの飲食店で食べられるほか、テイクアウトを利用できる店舗もあるので、ホームパーティーにも活用できますね。

特にコストコのロティサリーチキンは人気があります。気軽に購入することができるので、コストコに行く機会がある方はチェックしてみましょう!

ロティサリーチキンの簡単アレンジ!

とっても美味しいチキン料理、ロティサリーチキンではありますが、チキンが丸ごとということもあり、どうしても飽きてきてしまいますよね。そこで、そんな食べきれなかったロティサリーチキンは、素敵なアレンジでいただきましょう!

例えば、チキンを切り分けて、和風の味つけで野菜と共に煮てみても良いですね。チキンにしっかりと味がついているので、まるで洋風筑前煮のような仕上がりになります。あるいは、チキンをハムやベーコンのような感覚で使い、コンソメスープで煮込むというのも美味しいですね!

しっかろ味が付いたロティサリーチキンは、炒め物に使用しても美味しくいただくことができます。野菜と共に炒めて、食卓のシンプルな一品として楽しみましょう。

また、炒めて味がしっかりなロティサリーチキンは、チャーハンにもピッタリです。チャーシューの代わりに活用してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加