サンタクロースの衣装※どうして赤いの?その由来は一体どんな話?

クリスマスといえば、サンタクロースですよね。そんなサンタクロースの衣装を描いてみて?と言われると、誰もが迷うことなく、赤い衣装を描くでしょう。帽子の形なども、まさに決まりきっています。

ではなぜ、サンタクロースはこのような衣装になったのでしょうか?そんな由来が気になりますよね。そこで、サンタクロースの衣装についての由来を調べてみました。

サンタクロースの衣装の由来

サンタクロースは、赤い衣装に身を包み、白いひげを蓄えた大きなおじさん、というイメージがありますね。白い大きな袋にプレゼントをたくさん詰めて、トナカイがひくソリに乗り込み、良い子のもとにプレゼントを届けてくれます。

そんなサンタクロースという人物は、実は4世紀、東ローマ帝国に実在していたカトリック教の司教であったセントニコラウスという人物ではないかと言われています。

この人物は、貧困に苦しむ家庭に、煙突から金貨を投げ入れたそうです。そうして煙突から入った金貨は、暖炉脇で乾かしていた靴下の中に入り、それがクリスマスに枕元に靴下を置く由来になったのだとか。

ただ、サンタクロースの由来に関しては、諸説あり、様々な説が組み合わさって現在のような形になっていると言えます。サンタクロースの服装や体格といった風貌の由来には、実はアメリカの大手清涼飲料水会社の広告イメージが強く影響しているようです。

つまり、実際のサンタクロースのモデルとなった人物が、そのままサンタクロースの衣装や風貌の由来になっているというわけではないのですね。

サンタクロースの衣装はなぜ赤い?

それから、もう1つ、サンタクロースの衣装で気になる点があります。それは、サンタクロースの衣装というと、決まって誰もが赤い色をイメージするということです。

かつては緑色のサンタクロース、という時代もあったようですが、今では赤い衣装が定着し、コスプレなどを探しても、ほぼ確実に赤ですよね。

このサンタクロースの衣装が赤いのは、カトリック教会の祭服が赤いことに由来していると言われています。クリスマスはもともと、キリスト教のお祭りですから、そのような影響が大きく反映されるのですね。

それから、サンタクロースの赤い衣装が定着したのには、アメリカの南北戦争時代に大活躍した画家、トーマス・ナストの絵が関係しているとも言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加