溶連菌の大人の症状とは?症状なしの軽い時もある?仕事はどうする?

秋冬には様々な感染症が流行し始めますよね。
そんな中でも、特に流行しやすいものの1つが、溶連菌です。
子どもの病気というイメージが強いですが、これは大人も感染するのでしょうか?

また、溶連菌の大人の症状とは、どのようなものなのか、症状なしで軽く済むことはあるのか、仕事はどうすれば良いのかなど、気になる点が色々ありますね。

そこで、そんな溶連菌について紹介していきます。

溶連菌の大人の症状とは?

溶連菌というのは、上気道炎、皮膚の可能などの症状を起こすもので、特に学童期の子どもが感染しやすい病気です。
そのため、子どもだけの病気と思い込まれている方もいらっしゃいますが、実は大人も感染します。

この溶連菌という菌は、年代を問わず何歳でも感染する可能性のある菌なのです。
そのため、特に子どもがいる家庭では、家族の中で流行してしまう恐れがあるので注意が必要です。

溶連菌にかかってしまった場合の症状としては、発熱、咽頭痛、皮膚の湿疹、いちご舌などが挙げられます。
いちご舌というのは、舌に赤いぶつぶつができる症状です。

溶連菌の大人の症状でも、これらの子どもと同じような症状が見られると考えられます。
熱は上がりやすいですが、咳や鼻水といった風邪のような症状が起こる例は少なくなっています。

喉に強い痛みを感じ、舌や体に発疹が出て、高熱があり、咳や鼻水が少ない場合は溶連菌の可能性が考えられますね。
中には頭痛、嘔吐、下痢など風邪に似た症状を起こす方もいらっしゃいます。
これらの症状があった場合には、速やかに病院に行き、治療を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加