大文字で有名な五山の送り火は2015年も開催!特徴を知ろう!

お盆の時期に京都で行われる有名な行事といえば、五山の送り火です。

これはお盆にお迎えしたご先祖様の霊を浄土にお送りするための行事だと言われています。
皆さんがよく知っているものといえば、やはり大文字ではないでしょうか?

とても幻想的な雰囲気の中行われる行事となっており、全国からも注目されているものでもあります。

そこで今回は五山の送り火について色々とご紹介していきたいと思います。
ぜひこの行事について知って、2015年の五山の送り火にもぜひ参加してみてください!

五山の送り火の歴史と概要について

今ではすっかりと有名となった五山の送り火。
これは毎年8月16日に開催されている行事でもあります。

一般的に送り火というのはお盆の翌日に行われる仏教的な行事です。
死後の世界と言われている冥府に帰る精霊を送るために行われる行事とされており、この行事が一般的に定着し始めてきたのが室町時代以降だと言われています。

室町時代では仏教が庶民の間に浸透してきている頃でもあるので、当時の人々たちからしても馴染みのある行事となっていたようです。

そして五山それぞれに歴史はあると言われており、その起源というのは室町時代というのもあれば、江戸時代の初期の頃であったり、平安時代の頃からあったという説もあるようです。

実はその説を決められるような資料も残っておらず、正確な始まりは未だにわかっておりません。

というのも、これは本来宗教的な行事となっており、地元の人達が始めていったものでもあるので、誰も記録に残さなかったからなのではないかと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加