クリスマスケーキ☆アメリカでブッシュドノエルは食べられるの?

クリスマスが近づくと、日本では早い時期からクリスマスケーキを予約しはじめますよね。
もはや、このイベントに無くてはならない存在のものであり、人気店のものはかなり早い時期に完売してしまいます。
特にブッシュドノエルは、クリスマスらしさ抜群のケーキとして大変人気がありますね。

ですが、そんなクリスマスケーキ、アメリカでブッシュドノエルを食べることはできるのでしょうか?
欧米はクリスマスの本場という感じがしますが、一体どんなお祝いの仕方をしているのか、気になるところですね。

クリスマスケーキ☆アメリカでは?

クリスマスケーキはアメリカでは「食べられない物」ということはありませんが、実は日本に比べると、そこまでこだわりのない物となっています。 アメリカでもブッシュドノエルのような定番の商品は販売されていますが、そこまで重視されるものではないのです。

では、アメリカでクリスマスケーキの代わりを果たしている食べ物が何なのか、気になるところですよね。
実はこれは、「クッキー」なのです。
クッキーでお祝いするなんて、華やかなケーキを必死で用意する日本人からすると、かなり地味で意外な感じがしますね。

ですがアメリカで食べるクリスマスクッキーは、子供たちにとって無くてはならない大切な存在です。
もちろんクッキーと言っても、単なる地味なものとは違います。

シュガークッキーと言われる種類の上に、フロスティングというものでデコレーションをし、クリスマスらしい華やかさとなっています。

クリスマスケーキ☆アメリカのクッキーの意味は?

クリスマスケーキはアメリカではイマイチ人気が無く、どちらかと言えばクッキーが定番というのは驚きでしたね。
実はこのクリスマスの定番であるデコレーションされたクッキーには、意味が隠されています。

アメリカでは、クリスマスの日にはクッキーとミルクを用意し、サンタさんを迎えるという考え方が浸透しています。
このクッキーは、サンタさんに対するお礼なのです。

それから、アメリカでは他にも、ジンジャークッキーと言われるものがクリスマスに食べられる定番となっています。
よくオーナメントなどでも見かけるヒト型をしたクッキーですね。

これにも深い意味があり、こちらはジンジャーの香りによって、魔除けをしてくれると信じられているわけですね。

本格的なクリスマスの用意は、色々と大変です。
そのため、ショウガを入れて焼き込むことで日持ちするクッキーに仕上げ、早めの時期から用意ができるようにしているというわけです。

クリスマスケーキ☆アメリカでブッシュドノエルは?

クリスマスケーキ、アメリカでブッシュドノエルのような定番のものを食べる機会はないのか、なんて疑問を感じてしまいますよね。 日本では、クリスマスと言えばケーキですし、クリスマスらしさ抜群のケーキの種類と言えば、切り株をイメージして作ったブッシュドノエルを考える方が多いでしょう。

ブッシュは木や丸太、ノエルはクリスマスを意味する言葉であり、このケーキが表現しているのはクリスマスの薪になります。
まさにクリスマスらしさ抜群のケーキですよね。

このブッシュドノエルはアメリカでは食べられないのかというと、もちろん販売しているお店もありますし、食べることはできます。 ですが、実はこれは北欧の古い宗教習慣ユールで用いられた丸太を、パリのお菓子屋さんが象って作り上げたものです。
つまり、アメリカが発祥というわけではないのですね。

クリスマスの本場のようなイメージがあるアメリカでは、定番のブッシュドノエルが当たり前のように食べられているという思い込みをしている方も多いでしょう。 ですが、アメリカでクリスマスの定番はあくまでもクッキー。
ブッシュドノエルは北欧から伝わったもので、日本のように「クリスマス=ケーキ」という考え方にはアメリカにはないのです。

まとめ

クリスマスケーキはアメリカでブッシュドノエルのような定番が無く、日本ほど重視されていないというのは意外ですよね。
ですが、クッキーでお祝いをするクリスマスというのも、なんだか楽しそうですね。
そんなアメリカに倣い、本格的なクリスマスのお祝いの仕方を楽しんでみるのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加