クリスマスのメニュー☆子供向けで簡単にできるものと言えば?

クリスマスには、普段とは違うご馳走を作ってパーティーを楽しみたいですよね。
ですが、子供がいる家庭では本格ディナーだと「子供が食べてくれない」など、色々悩んでしまうものです。

では、クリスマスのメニューで子供からも人気で、しかも簡単に作れてしまうものには、どういったものがあるのでしょうか?
そんな気になるパーティーメニューを紹介していきます。

クリスマスのメニュー☆子供にパスタサラダ

クリスマスのメニューで子供も食べやすいものを狙うのであれば、麺類は外せませんよね。
ですが、うどんや焼きそばだと「クリスマス」という印象が無くなってしまいますよね。

そこで取り入れたいのが、パスタです。
パスタなら、クリスマスらしくて素敵ですよね。

パスタをそのまま盛り付けても良いのですが、せっかくのクリスマスなので、盛り付け方を工夫してみしょう。

まずはパスタをお好みの味つけにします。
子供向けなら、1つはナポリタン、1つはマヨネーズで絡めたスパサラ、という感じでも良いですね。

そして、この2色を小さくクルクルと巻いて、お皿に乗せます。
これをいくつか作って、小さく巻いたパスタの塊をリース状に丸く配置するのです。

あとはパセリなどで飾れば良いだけです。
とっても簡単で、しかもクリスマスのテンションが上がる素敵なパスタになりますね。
見た目にも可愛らしく、子供も喜ぶのでオススメです。

クリスマスのメニュー☆子供にカップグラタン

クリスマスのメニューで子供ウケも良いものと言えば、グラタンが挙げられますね。
ですが、普段と同じようなグラタンだと、なんだか物足りないですよね。
そこで、ちょっとひと工夫してグラタンをパーティー仕様にしてみてはいかがでしょうか?

方法はとても簡単です。
まず餃子の皮を用意します。
これをココット皿に入れてトースターで2分程度焼いておきます。

ここに、マッシュしたじゃがいもやベーコンなどの具材を入れていきます。
それからケチャップとチーズをかけて、さらにトースターで3〜4分焼き上げます。

最後に、ある程度冷めてからココット皿から取り出せば、餃子のカップに入った簡単グラタンの出来上がりです。
これなら、子供もテンションが上がりますし、見た目にも華やかでパーティーらしくて良いですね。

カップごと食べられるというのも大きな魅力です。
手に持って食べられるグラタンなので、大勢の人を招待して行うパーティーの際にも、この方法は便利ですね。
グラタンの最大の欠点とも言える「食べにくさ」を解消することができます。

クリスマスのメニュー☆子供とクレープ

クリスマスのメニューに子供を喜ばせる方法の1つに、クレープを作るという方法があります。
クレープというとおやつのような印象がありますが、実は意外と食事としても大活躍してくれるのです。

方法はとても簡単で、クレープの皮を焼いたものと、お好みの具合を用意すれば良いだけです。
ミニハンバーグやハム、トマト、ウインナーなど、子供が好きそうなおかずを用意してあげましょう。
チーズなども良いですね。

もちろん、果物や生クリームなどデザート系の具材も用意しても良いですね。
これ1つでお食事系とデザート系の両方を楽しめるというのも嬉しいポイントです。

あとは手巻きずしの要領で、お好みの具材をセルフで巻いていけば良いだけです。
準備もとっても簡単で、しかも自分で作る楽しみがあるという、魅力的な方法ですね。

クレープは、前日に焼いておいてもOKです。
クレープ生地に抹茶などを使って色を付けると、よりクリスマスパーティーらしさが盛りあがります。
これなら前日から準備をして、大人数でのパーティーを楽しむこともできるでしょう。

まとめ

クリスマスのメニューは子供向けで簡単に用意できるものも多数あります。
子供たちは、凝った料理よりも、意外とシンプルで可愛らしい見た目のものを好むケースが多いですね。
シンプルなお料理を、見た目に少し華やかになるよう工夫して、クリスマスメニューとして楽しんでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加