睡眠不足の解消の方法とは?効率よく眠るためのコツって!?

睡眠不足は、健康にも美容にも大きな悪影響を及ぼしますよね。
しかも夜にぐっすり眠れていないと、昼間の活動もうまくいかなくなることもあります。
仕事に支障をきたすこともあるので、しっかり対策しておきたいですね。

では、睡眠不足の解消の方法というのは、具体的にどうすれば良いのでしょうか?
そこで、効率のよい睡眠のとり方など、良い眠りのコツについて紹介していきます。

睡眠不足解消の方法☆早起きから!

睡眠不足解消の方法として、まず実践したいのは早起きをすることです。
早起きすれば、自然と夜は早く眠くなります。
そして、夜ぐっすりと質の良い眠りをとることができれば、翌朝はまた、早くにすっきりと目覚めることができるのです。

このリズムを身に付ければ、睡眠不足を感じることなく、毎日スッキリと過ごすことができますね。

ただ、朝早起きする。
一見すると、とても簡単なことに思えますが、意外と実践し続けるのは難しいものです。

まず気を付けなければならないのが休日の過ごし方ですね。
日頃、夜更かしをして仕事のために朝早く起きて、睡眠不足が続いている方は、休日に挽回しようとしてしまいます。
その結果、休日は朝遅くまで眠ってしまったり、起きてからも二度寝や昼寝をして、夜、うまく眠れなくなってしまったりするのです。

すると、また次の1週間もリズムが乱れ、うまく眠れなくなってしまいます。

できるだけ休日も含めて、規則正しい生活を乱さないようにすることが、睡眠不足解消のための基本ですね。

睡眠不足解消の方法☆昼寝も有効

睡眠不足解消のために昼寝をすれば、夜眠れなくなって悪いのではないか、と考える方もいらっしゃるでしょう。
ですが、実は適度な昼寝は、睡眠不足の解消の方法として有効なのです。
ただし、あくまでも夜の眠りに影響しない程度の軽い昼寝にしておきます。

コツとしては、寝る前にカフェインを含むコーヒーなどを飲んでおくこと。
これで、ちょうど眠りから覚めたい頃にカフェインが効いてきて、スッキリと目覚めることができます。

それから、昼寝の時間が最も大切なポイントです。
これは、15分〜20分程度で済ませてしまいます。
昼寝というと、ぐっすり1〜2時間眠ってしまう方もいますが、これでは夜、眠ることができません。

短時間の浅い眠りでも、疲れが取れ、睡眠不足の時に感じる倦怠感などをスッキリ解消することができます。
深く眠ってしまいそうという方は、アラームを設定しておいたり、座ったままで眠るなどの工夫をすると良いですね。

仕事が忙しくて睡眠不足、という方も、この隙間時間の昼寝なら取り入れることができるでしょう。

睡眠不足の解消の方法☆効率よく眠る!

たった3〜4時間しか眠っていないのに元気な人もいれば、6時間以上寝ているのに、常に眠いという人もいますよね。
両者の差は、眠りの質にあると考えられます。

ぐっすりと質の良い眠りであれば、短時間でもスッキリ疲れをとることができます。
ですが、浅い眠りだと長時間寝ても、イマイチ寝た気がしない状態になってしまいます。

そこで、睡眠不足解消の方法として取り入れたい効率の良い睡眠のとり方ですが、まず寝る前の行動に気を付ける方法が挙げられます。 寝る前にカフェインを含む飲み物を飲まないこと、晩御飯は早めに済ませておくこと、それからパソコンやテレビ、スマホは極力、夜に使用しないこと。 こうすることで、興奮状態を抑えて眠りやすくします。

さらに、眠る前にリラックスするよう工夫することも大切です。
例えば良い香りの入浴剤でじっくりお風呂に浸かったり、アロマを焚いたり。
マッサージなどを楽しんでみるのも良いですね。

また、裏ワザとも言える方法としては、アイマスクや耳栓を使用するのも有効です。
光や音を遮断することで、より深くぐっすりと眠ることができます。

こういった方法を駆使して、短時間で効率の良い睡眠を実感してみましょう!

まとめ

睡眠不足の解消の方法は、ちょっとした心がけだけでできてしまいます。
特にお金や手間ひまがかかることではないので、誰もが今すぐに実践できますね。
そして、そんな解消方法を実践するだけで、仕事の効率までアップしてしまう可能性もあるのですから、これは試すしかないですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加