焼き梅干しのダイエットの効果とは!?具体的なやり方は!?

焼き梅干しのダイエットの効果がスゴイ、と話題になっています。
梅干しと言えば健康にも効果的で、人気の食べ物の1つですが、ダイエットにも役立つというのは驚きですよね!

実際に芸人の椿鬼奴さんが、これを用いたダイエットで大成功しているというから驚きです。
では、どうして焼き梅干しがダイエットに役立つのでしょうか?
その理由と、具体的なやり方について紹介していきます。

焼き梅干し☆ダイエットの効果

焼き梅干しというと、実は昔から、健康法の1つとして知られている方法の1つです。
梅には、身体を温める作用があり、これを焼いて温めることでさらに効果が高まるという方法ですね。

焼き梅干しのダイエットの効果をもたらしているのは、梅干しに含まれるクエン酸と糖が科学反応を起こすことで「ムメフラール」という成分が作られるという点にあります。 このムフラメールは身体の血行を良くする特効薬とも言われており、特に冷え症の方にはオススメです。

血行が良くなれば、身体の代謝もアップしますので、その結果、焼き梅干しにより痩せやすくなるということが言えるわけですね。

それから、もう1つ注目したいのがバニリンという成分です。
このバニリンは元々、梅干しに含まれるものですが、焼くことにより20%程度増えることが分かっています。

バニリンが増えれば、脂肪細胞を小さくし、脂肪燃焼を促進してくれる効果を発揮してくれるということが分かっています。
つまり、ふとりにくく痩せやすい体作りに役立ってくれるというわけですね。

また、梅干しは血糖値を下げる効果があるため、これを摂取することで低インシュリンダイエットが無理なくできる、といった嬉しい効果も期待できます。 このように、焼き梅干しには様々な視点からダイエットに役立つ効果が期待できると言えるのです。

焼き梅干しのダイエットの効果☆作り方は?

焼き梅干しがダイエットに効果的、ということが分かったところで、次に気になるのが作り方ですよね。
焼き梅干しというのですから、梅を焼けば良い、と単純に考えてしまうでしょう。
ですが、焼くと言っても七輪がある家庭なんてなかなかありませんし、どんな感じで焼けば良いのか悩んでしまいますね。

実はこれには、いくつかの方法があります。
まず1つ目は、トースターを利用する方法です。
アルミホイルをぐしゃぐしゃに丸めてシワをつけ、ここに梅干しを包みます。
それからしっかり口を閉じた状態で、10〜20分程度トースターで蒸し焼きにしていきます。

もう1つ、より気軽な方法はフライパンを使って焼く方法です。
油は使用せずに、フライパンでじっくり焼き上げていきます。

こうして1度温められた梅干しは、ムフラメールが作り出され、その効果は冷えてもしっかり残っています。
そのため、食事の都度、焼かなければならないというわけではなく、数日分をまとめて焼いて置いておくことも可能なのです。
これなら楽々続けられますね!

焼き梅干し☆効果的なダイエット方法

では、そんな焼き梅干しを効果的にダイエットに取り入れるには、どんな風に食べれば良いのか気になるところですね。

焼き梅干しの食べ方は、基本的には決まりはありません。
そのまま食べても良いですし、お料理に活用することもできます。
例えば焼き梅干しとおかゆで食べても美味しいですし、飽きてきたらスープに入れたり、梅和えにしたりといった方法もあります。

摂取量は1日あたり1〜2粒が目安です。
この量を、コツコツ毎日食べていくことで、スリムを目指せるというわけです。

大切なのは、継続すること!
1日食べただけで一気に痩せるという方法ではありませんので、その点には注意してください。

コツコツ続けるという意外には、特に難しいルールなどもありませんので、毎日の食生活に上手に取り入れながら、焼き梅干しダイエットを実践してみましょう!

まとめ

焼き梅干しはダイエットに効果的なポイントが多数ある、魅力的な食材であることが分かります。
実際に、これを取り入れたダイエット方で大成功している方は少なくありません。
ただし、あくまでもダイエットの効果には個人差がありますので、必ず誰もが痩せる方法、というわけではない点は理解しておきましょう。 上手にダイエットのサポーターとして取り入れながら、効率良くスリムを目指したいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加