敬老の日☆赤ちゃんの手作りプレゼントならどんなものがある?

おじいちゃんやおばあちゃんに、「いつもありがとう」「長生きしてね」といった気持ちを伝える大切な日、敬老の日。
そんな時には、何か心のこもったプレゼントを贈りたいところですよね。
ですが、孫がまだ赤ちゃんの場合には、何を贈れば良いのか分からないという方も多いでしょう。

では、敬老の日に赤ちゃんが手作りでできるプレゼントには、どのようなものがあるのでしょうか?

敬老の日☆赤ちゃんからのプレゼントはおすすめ!

敬老の日はおじいちゃん、おばあちゃんがプレゼントを受け取るのが一般的ですが、孫がまだ赤ちゃんの場合には、「プレゼントは期待していない」という祖父母が大半でしょう。 ですが、だからこそ素敵なプレゼントを用意して、敬老の日という機会に赤ちゃんの手作りのものを贈ると良いのです。
「まだ赤ちゃんなのに、用意してくれたの!?」と、ただそれだけで、気持ちだけでおじいちゃん、おばあちゃんは嬉しくなってしまいます。

つまり敬老の日の赤ちゃんからのプレゼントは、サプライズのような感覚なのですね。
しかも相手が可愛い孫なら、何をもらっても嬉しくなってしまうのが祖父母の心境というものです。

そういった点からも、敬老の日に赤ちゃんからの手作りプレゼントを用意するのはおすすめの方法なのです。

ですが、もちろん赤ちゃんの手作りできるプレゼントには限りがあります。
ここは、あまり高級感や本格派にこだわることなく、ただ赤ちゃんらしさが楽しめるものを作って贈るようにしてしまいましょう。

敬老の日に赤ちゃんの手作りプレゼント☆アルバム

敬老の日に赤ちゃんの手作りプレゼントで、喜ばれるのがアルバムです。
赤ちゃんの写真や、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に過ごしている姿などを写真に収めておきます。
そして、この写真をアルバムに収めていきます。

ただ写真を収めただけのアルバムでは、可愛らしいけれど赤ちゃんの手作り感はありません。
そこで、そんなアルバムに赤ちゃんの手形や足形で書いたお絵かきで飾りつけをしていくのです。

手形と足型をカラフルな絵の具でぺたぺたとするだけでも、可愛らしく仕上がりますね。
紙に絵具でぺたぺたしたら、これをアルバムの台紙に一緒に貼り付けてみると良いでしょう。

こうしてデコをしたアルバムは、世界に1つしかない素敵な手作りプレゼントです。
赤ちゃんも、絵の具遊びに喜んでくれるでしょう。
ただし、何でもお口に入れてしまう時期の赤ちゃんは、絵の具を食べないように要注意です!

敬老の日に赤ちゃんの手作りプレゼント☆マグネット

敬老の日に赤ちゃんが手作りできる簡単なプレゼントの1つが、マグネットです。
まず紙粘土をハート型など、お好みの形にします。
そして、まだ粘度が柔らかいうちに、お気に入りの石やビーズなどを埋め込んでキレイに飾りつけをします。
赤ちゃんがまだ小さいうちは、ただ手形や足形を押し付けるだけでも良いですね。

それから、この紙粘土の裏側にはボンドでマグネットをくっつけます。
あとは、紙粘土が乾燥したら絵の具で色を付けていきます。
ここも赤ちゃんにお任せしてみても良いですね。

これで、赤ちゃん手作りの敬老の日の素敵なプレゼントの出来上がりです。
冷蔵庫などにくっつけて、意外と便利に活用することができますね。

ただし、この工作をする際には、注意点があります。
それは、マグネットの取り扱いです。
マグネットは必ず大人が管理して、くっつけるようにしてください。

もし赤ちゃんがマグネットを誤って飲み込んでしまうと、大変危険な状態になることもありますので、絶対に赤ちゃんの手の届かないところで管理しましょう。

作り方自体はとてもシンプルで、しかも実用的なプレゼントであるという点も嬉しいですね。

まとめ

敬老の日に赤ちゃんの手作りプレゼントは、意外と色々なアイデアがあるものです。
まだワケが分かっていない赤ちゃんでも、簡単に作れるプレゼントが多数ありますので、おじいちゃん、おばあちゃんの心からの笑顔を引き出せるようなプレゼント作りをしてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加