夕顔のレシピ☆簡単にできるのに美味しい人気の料理と言えば!?

夏に美味しい食材の1つと言えば、夕顔ですよね。
夕顔は、あまり聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、ウリ科の植物になります。
あっさりとした瓜が、夏の食欲不振の時に大活躍してくれるのです。

ですが、そんな夕顔のレシピ、簡単にできないものかと悩まされる方も多いでしょう。
夏はキッチンに立つのも、暑くて大変。
そこで、そんな夏でも時短で気軽にできて、しかも美味しい夕顔のレシピを紹介していきます。

夕顔のレシピ☆汁物に!

夏場は暑くて汁物をいただく気にはなれないという方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、あえて夏野菜が入った汁物をいただくことで、汗を流し、夏バテを解消してしまうのも1つの方法です。
そこで、夕顔のレシピで簡単便利な、夕顔汁にチャレンジしてみましょう。

○材料(2人分)
・夕顔・・・120g程度
・ニンジン・・・15g程度
・シイタケ・・・2個
・玉ねぎ・・・30g程度
・卵・・・1個
・だし汁・・・500cc
・味噌・・・大さじ1.5

○作り方
具材を食べやすい大きさに切り、だし汁に入れて煮込んでいきます。
だし汁が半分くらいになるまでじっくり煮込んだら、味噌を溶き入れます。
味噌が溶けたら溶きほぐした卵を流し入れて、固まったら出来上がりです。

とっても簡単ですし、夕顔が入っていることで、いつもとは一味違った美味しさの味噌汁に仕上がります。
お好みでネギなどをトッピングしても良いですね。

夕顔のレシピ☆簡単煮物で!

夕顔のレシピで簡単と評判なのが煮物のレシピです。
煮物というと面倒な印象がありますが、夕顔はアッサリしているので、煮物にも活用しやすく、美味しく仕上げることができるのです。

例えば、鶏肉と一緒に煮込んでみると、これ1つでしっかりメインになりますね。

○材料
・夕顔・・・200g
・鶏もも肉・・・150g
・水・・・100
・砂糖・・・大さじ1/2
・みりん・・・大さじ1/2
・醤油・・・大さじ1
・酒・・・大さじ1

○作り方
夕顔は皮、種を取り除いて食べやすい大きさに切り、透明に変わるまで下茹でしておきます。
鶏肉はひと口大に切り、油を熱したフライパンでこんがり焼きます。
のフライパンに夕顔を入れて炒めていきます。
油が馴染んだら、調味料と水を加えて弱火で煮込み、柔らかくなったらフタをとり、火を強めて煮詰め、煮汁が半分くらいまで減ったら出来上がりです。

夕顔はそれ自体の味があっさりなので、鶏肉以外にも色々な食材と合わせて楽しむことができます。

夕顔のレシピ☆簡単カレーに!

夕顔は汁物、煮物の他にも炒め物など、様々なお料理に活用することができる、便利な野菜です。
ですが、それでも作るのが面倒という方もいらっしゃるでしょう。
味つけが決まらないと悩む方もいますよね。

そこでオススメの、夕顔のレシピで簡単にできてしまうのが、カレーなのです。
カレーは本格的に手作りすれば手間ひまがかかりますが、便利なルーを利用すれば、誰でも失敗なく作ることができますよね。

作り方はとっても簡単で、普段のカレーを作る際に、野菜の1つとして夕顔も入れて、煮込めば良いだけです。
ただし、夕顔は水分を多く含む野菜なので、普段通りの水加減で煮込むと水っぽくなる可能性があります。
少し水分を控えめにして煮込んでみましょう。

あとは、せっかくの夏野菜を加えたカレーですので、ナスやトマトといった他の夏野菜もプラスしてみると良いですね。
夏野菜たっぷりのカレーは火照った体を冷やしてくれたり、夏バテ解消に必要な栄養をしっかり補給してくれるので便利です。

夏でも美味しいカレーなら、より気軽に手軽に、夕顔を取り入れていくことができますね。

まとめ

夕顔のレシピは簡単で、お料理初心者でもチャレンジしやすいものが多数あります。
あまり普段は手にしない野菜かもしれませんが、使いはじめると、その使いやすさに驚き、ハマってしまうかもしれません。
色々なレシピにチャレンジして、夏の食卓を楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加