アームカバーでuv☆効果はどのくらいあるの?選び方のポイントは?

日差しが強くなってくる季節。
女性としては、できるだけ日焼けはしたくないけれど、夏らしいファッションも楽しみたいところですよね。
そこで大活躍してくれるのが、アームカバーです。

ですがアームカバーのuv、効果というのはどの程度あるものなのでしょうか?
そこで、uvカット効果がどの程度期待できるのか、また、どういたものを選べば良いのかなど、気になるポイントを紹介していきます。

アームカバーでuv☆効果は?

アームカバーのuvの効果については、何も使わないよりは、断然しっかりuvカットが実感できると言えます。
実際、アームカバーを着けずに車を運転した時には、日差しが入る側の腕は真っ黒に日焼けしてしまい、後悔したという経験がある方もいらっしゃるでしょう。

アームカバーを使うことにより、直接に紫外線が当たるのを防げるわけですから、しっかり紫外線をカットすることができます。
日焼け止めだけを塗布するよりも、カバーを着けておいた方が安心であるとも言えるでしょう。

これは、衣類を考えても理解できますよね。
衣類を身につけると、その部分は日焼けしにくく、露出している手足や顔などが日焼けしやすくなります。
直接に紫外線を浴びるのと、布1枚でも覆ってあげるのとで、uvの影響が変わってくることが分かりますね。

アームカバーのメリットは、夏らしい薄手で露出度高めのファッションスタイルを楽しみつつ、uvケアもしっかり行えるというところです。 夏でも徹底して長袖スタイルというのでは、暑苦しく感じられてしまいますが、アームカバーなら涼し気で取り入れやすいですね。

アームカバーでuv☆効果を高めるには?

アームカバーでuvの効果を高めるためには、親指まで通すタイプや、指まで覆うタイプを選んでおくのがおすすめです。
指も意外と日焼けしやすい部位ですし、このような細かな部分までは日焼け止めを塗らないという方も多いでしょう。
そのため、しっかり指先まで覆えるものが理想的なのです。

ただし、細かい作業をする時には、指の部分は開いていた方が良いでしょう。

それから、アームカバーのuvカット効果についても確認しておきましょう。
uvカットの素材で作られているものなら、しっかり効果が実感できますが、中にはただ、ファッション性があって布地で覆って日焼けを防ぐだけのタイプもあります。

このようなタイプの場合、見た目はオシャレかもしれませんが、紫外線A波は防げてもB波を防げず、シミなどの深刻な肌トラブルの原因になる可能性もあります。 そのため、UVカット繊維ポリエステルやUVカット仕様などのものを使用するようにしてください。

より厳重にガードしたいなら、日焼け止めを腕に塗布した後に、アームカバーを装着すれば完璧ですね!

アームカバーのuvの効果☆色と素材をチェック!

アームカバーのuvの効果は、実は色と素材にも左右されてしまいます。
例えば最も効果の高い色は、多くの方のイメージ通り、黒です。

色には紫外線透過率というものがあり、この透過率が低く、効果が得られやすいのが黒色であるということが分かっています。
そのため、本気で紫外線対策をするなら、アームカバーは黒を選ぶべきなのです。

ただし、黒は熱もこもりやすいため、冷感素材を使用するなど、工夫のある商品を選ぶことが大切ですね。

実は黒以外にも、黄色や濃い青色なども紫外線透過率が低いことで知られています。
こういった色を選べば、オシャレも楽しみながらアームカバーでしっかりuv対策ができますね。

また、素材も効果を左右する重要なポイントです。
最も効果的なのがポリエステルで、次に綿とポリエステルの混合になります。
それから、綿素材を選ぶのであれば、やや厚手のものを選ぶと安心です。

このように、色や素材でもuv対策効果は大きく左右されます。
その点をよく理解しながら、じっくり効果的なアイテムを選んでおきましょう。

まとめ

アームカバーのuvの効果は、オシャレも将来のための美容も考えたい女性にとって、非常に魅力的なものですね。
腕や手は人から見られやすい部分だからこそ、しっかり対策して、日焼けやシミを作らないようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加