紫外線対策はいつから?何時まで行えば有効なの?良い方法は?

暖かい気候になり、じわじわと日差しが強くなってくると、気になり始めるのが紫外線ですよね。
ですが、この紫外線対策、中には「まだ大丈夫でしょ!?」なんて油断してしまっている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに春ごろだと、真夏に比べれば、まだまだ紫外線はかわいいもの。
では、そんな紫外線対策、いつから始めるのが正しいのでしょうか?

それから時間帯に関しても難しいところですよね。
夕方になれば平気なのか、何時まで行えば安心なのか・・・
そんな気になるポイントを紹介していきます。

紫外線対策はいつから?

紫外線対策はいつから始めれば良いのか、という説に関しては、多くの人がなんとなく、正しい知識を持ち始めています。
これはテレビや雑誌等のメディアで、よく取り上げられているからですね。

紫外線が強くなり始めるのは真夏からではなく、実は5月から。
この頃には、徹底した紫外線対策を実施していないと、日焼けしてしまったり、シミができやすくなります。

では5月から始めれば安心なのかと言えば、実はこれも正しくありません。
そもそも、紫外線は1年を通して降り注いでいるものです。
つまり、1年中ずっと対策していかなければ、日焼けはしなかったとしても、シミなどを発症するリスクは高まってしまうのです。

特に5〜6月頃は、お肌の真皮層に到達し、シミやシワの原因になるUVA波が多くなる時期です。
そのため、できるだけ屋内で過ごす日でもしっかりUVクリームを塗布して、お肌を守りましょう!

紫外線対策☆何時まで?

紫外線対策は日中に行うべきもの、というイメージがありますよね。
では、そんな紫外線対策、何時まで行えば効果があるのでしょうか?
夕方になり、日差しが和らげば不要なのではないか、と考えている方が多いですね。

紫外線が多くなる時間帯は、基本的に10時〜14時頃です。
この時間帯は特にしっかりとした対策が必要で、UVクリームもこまめに塗りなおす必要があります。

ではこの時間帯を過ぎれば問題ないのかと言えば、そういうわけではありません。
例えば夕方、16時頃を過ぎれば、かなり日差しが和らぎ、涼しくはなります。
ですが、まだまだ明るく、日差しが無いわけではありませんよね。
この時間帯でも、紫外線はあるのです。

そのため、何時までかと言えば、日没以降まで、ということを基準に、できるだけきちんとUVクリームなどを使ったケアが必要になります。 お日様が出ている時間帯は紫外線が降り注いでいる、と考えましょう。

紫外線対策☆有効な方法は?

紫外線対策はいつから、ということに捉われず、しっかり年間を通して実施していく必要のあるものです。
ですが、一体どんな方法で行えば有効なのかが分からない、という方も中にはいらっしゃるでしょう。

まず、大切なのはしっかりとUVクリームを塗布することです。
ただし、ここで重要なのは、「朝1度塗布したら大丈夫」と油断してしまわないこと。
朝塗布しても、汗などにより、じわじわとUVクリームが落ちてしまいますので、できるだけこまめに塗り直しながらケアしていくことが大切です。

それから、UVクリームの使い分けも忘れてはなりません。
例えば紫外線がそれほど強くない春先などはSPFやPAが少な目のもので対策し、夏が近づくにつれ、数字の高いものを利用するといった方法ですね。 さらに、時間帯でも使い分けをすることで、お肌にかかる負担を極力、抑えることができます。

また、服装での紫外線対策も重要です。
腕などは長袖やアームカバーでしっかり対策し、紫外線を浴びない工夫をしていきましょう。

まとめ

紫外線対策はいつから、何時までといったことにこだわらず、お日様があれば常に必要、と考えてください。
きちんとケアすることは、今現在の日焼けを防ぐだけでなく、将来のお肌に発生するかもしれないシミやシワを防ぐことにも役立つのです。 正しいケア方法を覚えて、しっかり実践していきたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加