フォーマルのコサージュ☆付け方のマナーは?どんなものを選ぶ?

フォーマルのファッションで大切なポイントの1つになるのが、コサージュですね。
ですがあまり、普段使わないアイテムだけに、付け方が分からないと悩まされる方が少なくありません。

では、フォーマルのコサージュの付け方、例えば位置や選び方などは、どういった点に気を付ければ良いのでしょうか?
恥ずかしい思いをしなくて済むように、基本のマナーを紹介していきます。

フォーマルのコサージュ☆選び方

フォーマルのコサージュの付け方を考える前に、まず重要なのが選び方です。
合わないものを選んでしまうと、せっかくのフォーマル衣装も台無しになってしまいます。

コサージュには、主に布製、造花などの種類があります。
スーツに合わせるなら、造花、あるいは生花をコサージュとして付けると華やかになりますね。
生花の場合はその日限りのコサージュになりますが、見た目の華やかさは格段に違ってきます。
生花のコサージュに関しては、事前に花屋さんで注文しておくと良いでしょう。

中には、プリザーブドフラワーという長持ちするお花で作ったコサージュもあります。
これはデザイン性がさらに豊かになるのでオススメです。

それから、フォーマルドレスにコサージュを合せるのであれば、生花や造花でも良いですし、ドレスに合った布製のものを選んでも上品で素敵です。 ドレスに付属している場合もあるので、活用してみると良いでしょう。
ただし、生地に絵柄が入ったものはカジュアルな印象になるので、無地を選ぶようにしましょう。

カラーに関しては季節感のある色を選ぶと素敵です。
春ならパステルカラー、冬なら白などもキレイですね。
また、着用するフォーマル衣装に合った色を選ぶことも重要なポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加