うなぎの国産と中国産☆違いは?見分け方はある?値段はどうなる?

夏バテの予防などを願って行われる土用の丑の日。
この日にはうなぎを食べてスタミナをつけよう、という考え方が広まっていますね。

ですが、そんなうなぎ、国産と中国産の違いや見分け方などが気になるところですよね。
できることなら美味しい国産を食べたいとこだわる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、そんな気になる国産・中国産の違いや、今年の値段についてのポイントなどを紹介していきます。

うなぎ☆国産と中国産の違いは?

うなぎは、一般的には国産のものが高価で、中国産は安く手に入るという印象がありますね。
そして、国産のものが美味しく感じるという方が多いでしょう。
これはうなぎの種類が違うことから、こういった感じ方をする方が多いのかもしれません。

国産うなぎはアンギラ・ジャポニカ種と言われるものが用いられていますが、中国産はアンギラ・アンギラ種というものが用いられるケースが多いのです。

特徴としては、国産のうなぎはアッサリとした味愛で、旨みが濃いですね。
そして、身はやや薄めになってます。

これに対して中国産のうなぎは身が熱くなっており、柔らかく、脂がたっぷりと乗っています。
コクのある味ですね。

つまり、国産が良いと一概に言いきることはできず、味については好みの問題で、実は中国産の方が食べてみるとおいしかったということもあります。
違いとして、最も感じられるのは食感の差です。
中国産のうなぎに対しては、ゴムのように弾力を感じてしまうこともあります。
これを嫌う人も少なくありませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加