書き初めの言葉の中で人気の四字熟語は?また書き初めの歴史とは?

お正月になったら書き初めをやるという方も多いですね!小学生や中学生の頃にも宿題として書いてくるように言われたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、毎年1月5日になると東京都千代田区にある日本武道館にて全日本書き初め大会も行われています。毎年多くの人が参加しており、一つの恒例行事にもなっています。

ではそんな書き初めにはどのような歴史があるのでしょうか?今回は書き初めで書く四字熟語であったり、その後に行われるどんど焼きについてもご紹介していきたいと思います。

書き初めの歴史について知っておこう!

ではまず最初に書き初めの歴史についてご紹介します。

日本の伝統としては、新年から全てが始まると言われているくらい、新年をとても重要視しています。何事も初めの一歩を大切にしましょうという教えがずっと生き続けています。なので、新年の行事でもある書き初めというのも、とても尊重されるべき伝統だと言えます。

書き初めというのはその言葉の通り、新年の始めに書くという意味があります。これは欧米ではあまり馴染みのない習慣なので、日本ならではの風習だと言えます。

もともと書き初めというのは宮中で行われていた儀式だとされており、庶民の間には浸透しているものではありませんでした。

そんな中、江戸時代になると寺子屋が普及し始めて、学問の一環として書き初めが取り入れられるようになってから、庶民の間にも浸透するようになってきたのです。

そして明治時代以降になると、学校の教育の中で習字が必修となったことから、書き初めをする人が急激に増加していったのです。

本来書き初めというのは、元旦の朝に初めて井戸から汲んだ若水と呼ばれるもので墨をすって、書くという習慣がありました。

また昔は詩や歌を神様に向けて書くということもあり、とても格式の高いものだとされていたのです。そのことから、天皇陛下や学者や歌人や僧侶の方は昔から書道が上手だったようです。

それが今の私たちに浸透してきましたが、今でもとても格式のある行事としてとても大切にされてきています。

そして書き初めで書いたものを、小正月の日に行われる火祭りの行事で燃やすという所までが一連の流れなのです。地域によって呼び方は異なりますが、一般的にはどんど焼きと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加