年賀状のマナーは大丈夫?夫婦へ連名で書く場合等の書き方をご紹介!

年末が近づくと皆が準備し始めるのが年賀状ですね!最近ではメールで済ませるという人も増えてきていますが、葉書で出している人もまだまだたくさんいます。ましてや、上司など職場関係の人に年賀状を出す時はほとんどが葉書なのではないでしょうか?

そこで今回は意外と知らない年賀状のマナーや書き方についてご紹介していきたいと思います。もう知ってるよ!という方もぜひ1度チェックしてみてください。

年賀状の書き方にもマナーはあります!

ではまず最初に年賀状の書き方のマナーについてご紹介いたします。原則、はがきの裏面を見て縦書きか横書きかを判断します。相手先の住所は省略しないで都道府県からマンション名まで記載します。また名前の漢字も間違えないように配慮しましょう。

そして裏面では主に5つのことを書きます。まずは新年を祝う言葉です。「あけましておめでとう」というような言葉は欠かせませんね!次に昨年はお世話になりましたというような、お世話になったことへのお礼の言葉も書きます。

次に相手に対しての健康や繁栄を願う言葉で、次に今後もよろしくお願いいたしますというような言葉で、次に年号と日付です。これらのことを書くと丁寧な年賀状となります。会社の目上の方に送る場合はこういった形式で書くと良いでしょう。

また敬称も確認しましょう。個人に送る場合は「様」で大丈夫ですが、会社や部署に送る場合「御中」にしなくてはなりません。この点は注意してください!

また避ける言葉もいくつかあります。まずは忌み言葉です。別れや離れるといった不吉なものを連想させる言葉は基本的に避けます。

特にありがちなのは、「去年は大変お世話になりました」という文です。去は去るという言葉を連想させるのであまりよくない言葉です。昨年という言葉にすると良いでしょう。

また基本的には句読点は使用しないようにします。文章が長くなりそうなら改行するようにしましょう。このように年賀状の書き方にもマナーはあります。今1度確認して、失礼のない年賀状を送るようにしましょう!

年賀状を連名で出す場合は?夫婦や会社で出す場合の書き方とは?

年賀状を書く上で夫婦や家族に出すことや、会社でお世話になった複数の方へ年賀状を出すこともあると思います。ではここで連名で出す場合の書き方をご紹介いたします。

まずは家族や夫婦に対して連名で出す場合です。子供がいるご家庭でも一般的に世帯主と奥さんの連名で書くことが多いです。夫婦の連名で書く場合は、世帯主の名前を一番右に書き、その左横に奥さんの名前を書きます。苗字は世帯主のみに書いて、後は省略します。また敬称は全員につけましょう!また、子供に何度か会ったことがあって面識があるなら子供の名前も加えると良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加